甥っ子、姪っ子可愛がっていますか?

Licensed by gettyimages ®

オババカ、オジバカなんて言葉も出るくらい、甥っ子姪っ子を甘やかしている人が増えているのだとか。でも、甘やかすことで、トラブルの声もチラホラ・・・

正しいお互いの距離感って、どんなところでしょうか?

ミスドの中の人は、甥っ子の登場率が結構高いんです。かわいがっている様子が伝わってきます。

お母さん、こんなの折れないから、すごくありがたいです。少年の尊敬する目が見えます・・・

めずらしい、いないいないばあ!は、きっと喜ぶこと請け合い!

後姿からも、張り切っている様子が伝わってきます。

すてきなお姉さんからプレゼントされる手作りヘアアクセ・・・思い出に残りますね。

かわいいエピソードを聞くと、みんな和んじゃいます

レリゴーの魔法の原動力は「愛」ですもんね!

真剣!親族との思い出って、なんだか独特の印象があります。

姪っ子・甥っ子を可愛がるのは、育児ではない!

Licensed by gettyimages ®

甥姪を可愛がってくれるのはとてもありがたく、うれしいことです。でも、それによっていろいろなトラブルも発生しています。甥や姪を育てると、子育ての楽しさや大変さを垣間見ることが出来ます。

しかし、それはほんの少し触っただけ。子育ては、ひとつの問題やひっかかりが、毎日毎日繰り返されることがつらかったりするものです。ですので、甥姪へのかかわりを、育児体験として語ってしまうと、反発されることも多いかと思います。

●友人(独女)から、たびたび姪・甥の写メが送られてくる
「子供の写真でも、しょっ中見せられるとウザいのに、甥とか姪までいくと本当にどうでもいい。リアクションに困る」。(30代・独女)

出典 http://www.crank-in.net

親ばかな親もやりがちですが!せいぜいFBの友達公開までに!!

「おじ」や「おば」という立場は、子育ての“いいとこ取り”ができる……なんて言われることもありますが、確かにそのとおり、多少のしつけや教育をすることはあっても、特殊な事情がない限り、可愛がることが中心で、忙しいときには構わないこともできる、という立場です。

本当の意味で「子どもを持つこと」の経験や感動を得られるわけではないですが、とはいえ、親としての疑似体験ができる、よい機会になることは間違いないもの。

出典 http://www.excite.co.jp

ぜひ、きょうだいに「子供っていいな」って思ってもらえるように、こちらもわきまえたいものです。

大変さを少しでも引き受けてくださって、その分、親はラクになれていると思います。

でも、楽しいですよ!育児!!

でも、女性自身が子育てに専念したいかはまた別物です。これは、それこそ「毎日、朝から晩まで逃げ場なく育児」してみないとわからないんじゃないかな、と思います。

老後を頼ろう・・・という気持ちは重いかもしれませんね。正当な労働報酬として支払えるように、預金していたほうがいいかもしれません。甥姪が海外に行くかもしれませんものね。

毎日、毎日、ずっと一緒にいると、一度手をあげてしまった後が怖い・・・ということもあります。でも、弟が他の人には言えないことを言ってくれるのは、私はありがたいかも。

他人からはまったく理想に見えなくても、理想的な距離感や子育てになることもあるんですよね。年上の義妹さんは、年上の余裕で聞き流している予感。

ダンナが可哀想かどうかは、他人には知りようがありませんね。

何ヶ月かバイトを経験した10代の少年が、働いて1年の新入社員に「仕事とは」という説教をしているような姿です。

わーーーーわーーーーキコエナーーーーイ!!!!!

お姉ちゃん、お兄ちゃんにしかできない遊びをしよう!

Licensed by gettyimages ®

ママやパパにはできない遊びを、たまーにしてくれるお兄さんお姉さんは、子供たちの憧れです。一緒に映画をみたり、サッカーをしたり、クッキーを焼いたり、編み物を教えたり・・・

どんなことでもいいのですが、子供目線で一緒に遊んでくれる大人は貴重な存在です。もし、甥っ子姪っ子とどう接していいかわからない・・・可愛がりたいけど・・・・というお気持ちがあったら、ぜひ大人の世界を覗き見させてあげてください!

「一緒に遊ぶおもちゃを買っておいてくれる」っていうのは、歓迎の気持ちがわかってうれしいですね!

こんなことやってくれるおじさん、欲しい!

家庭のルールを理解してくださると、助かります

Licensed by gettyimages ®

一見バカバカしいようなルールでも、最新の医療事情、家庭状況、住環境によって必要なルールだったりします。子供の命に関わるようなルールでない限り、なるべく親のルールを尊重してください。

お小遣いは500円まで、まだハチミツをあげられない、足音をたてて歩いてはいけない・・・そんなことまで厳しく言うの!?と感じたら、親になぜなのかを聞いてみてください。

付き合ってくださって、親は感謝しきりだと思います。

即、命につながりますからね・・・でも、これだけのことを見守って理解してくださっているのはありがたいことです。

当然のことだがブログやSNSのような公の場に顔写真を公開するときは親御さんの許可を得ることをお忘れなく。

出典 http://www.crank-in.net

SNSなど、多数の人の目に触れることに関しては、必ず親に了承をとりましょう!

別に望んでオジさん、オバさんになったわけじゃなし。可愛がってもらえなくても当たり前なのですが、そこを押して、子供たちを愛してくださること・・・甥姪のために時間を割いてくださること、とても感謝しています。

お互いがこれからも仲良く、よりより関係を作っていけるように、お互いのルールを尊重したいですね。

子供との生活を押し付けることになる親側としては
・オジさん、オバさんの部屋には勝手に入らせない
・どんなに大切に見えないモノであっても、オジさんオバさんのモノを勝手に触らせない、与えない
・子守りへの感謝を忘れない
・押し付けっぱなしにしない

など、最低限のマナーはわきまえたいところです。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス