記事提供:gooランキング

2015年秋の天皇賞を制し、有馬記念も期待されていた「ラブリーデイ」。実は競馬会には、このようにかわいくて面白い名前を持つ競走馬も少なくありません。

過去には「トウカイテイオー」や「ディープインパクト」などが、名前負けしない強さを見せていた時代もありました。

そこで、つい応援したくなる面白い名の競走馬(牡馬)について調査しました。ちなみにJRAに登録されている正真正銘の競走馬です!

(※2015年12月時点での現役牡馬)

■応援したい!面白い名の競走馬(牡馬)ランキング

1位:モグモグパクパク
2位:ホンマカイナ
3位:オレニホレルナヨ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

僅差で1位に輝いたのは《モグモグパクパク》でした。同じ馬主の競走馬には、2006年の高松宮記念を制した「オレハマッテルゼ」という面白くて強い牡馬がいます。

子供の食事のシーンを想像してしまうモグモグパクパクですが、名前の由来はそのまんま“よく食べている”からだそう。

ユニークな名前ではありますが、きっと強い走りを見せてくれるでしょう。

2位に入ったのは《ホンマカイナ》です。馬名に『ホンマカイナ』とツッコミを入れたいところですね。2013年4月に生まれた牡馬で、2016年1月に初出走しました。輝かしいデビュー戦にはなりませんでしたが、今後の活躍に期待しましょう。

3位には《オレニホレルナヨ》が選ばれました。なんとも自意識過剰なネーミング。ちなみに妹は「キミニヒトメボレ」という馬名で、兄妹揃ってツッコミどころ満載な似たもの兄妹のようです。

5位は《ネコタイショウ》が入っています。「馬なのに猫!?」とこちらもツッコミたくなりますが、「ネコパンチ」や「ネコハッピー」などの兄弟もいます。

HTB賞では1位を獲得しており、競馬ファンには注目された存在でした。2013年に定山渓特別を制したときには、騎乗した武豊が『ネコまっしぐらという感じでした。今日は馬なりならぬネコなりで勝てました』というコメントを残しています。

競走馬はおろか、馬につけたものとは思えない、ユーモアあふれる名前が上位にランク・インする結果となりました。

gooランキングでは以前、女子力高そう!カワイイ名前の競走馬ランキングも調査しています。ぜひご覧くださいね!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

投票数合計:997票

調査期間:2015年12月12日~2015年12月26日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス