記事提供:いいモノ調査隊

子供のころ、冬になると母がよく甘酒を作っていました。石油ストーブの上に水と酒粕を入れた鍋をかけ、沸いてくるのをゆっくりと待ちます。

沸いたらよく混ぜて酒粕を溶かし、砂糖と少量の塩をくわえて完成。

マグカップに注いで、ふーふーと冷ましながら飲みました。これが、我が家の冬の風物詩。大人になってからも、たま~に甘酒を飲む機会がありましたが、“原風景”の甘酒に勝るものはありませんでした。

でも今思うと、酒粕にはアルコール成分も入っているので、未成年の子供が飲んではいけなかったのでは?と思いますが、まあ、母はそこまで考えなかったのでしょうね、きっと。

さて前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは、シャンソン化粧品の「甘酒コスメ(しっとりシリーズ)」。

甘酒は、江戸時代から親しまれてきた伝統的な日本の食品で、ビタミンやアミノ酸を多く含み、“飲む点滴“とも言われるほど栄養バランスに優れた発酵食品なのです。

甘酒のもつパワーを吸収する方法は、“飲む”だけではありません。

造り酒屋の杜氏の手が白くて美しいことから、発酵技術を用いたコスメとしての美肌効果も注目されています。

シャンソン化粧品の「甘酒コスメ」は、甘酒の美肌効果に着目した同社が、森永製菓の「甘酒」とコラボレーションして、女性が安心して使えるコスメとして商品化したものです。ご紹介するのは4種類。

「しっとり美容液風呂」は、温泉水と美容液成分を配合。湯船に入れるとお湯が乳白色に色づき、肌がしっとりなめらかに。

あのパッケージも再現しています。

「しっとりジェルクリーム」は、化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地、パックの6つのステップが、これ1つで済むというスグレもの。

忙しい女性にはうれしいオールインワンゲルクリームです。

「しっとりハンドクリーム」は、ホイップクリームのようにやわらかく、なめらか。

肌への浸透がよく、ベタつきません。

「しっとり洗顔石鹸」は、保湿成分がたっぷり入り、乾燥しがちな冬の肌をしっとり&すべすべにしてくれます。

どの商品にも、保湿成分の酒粕エキスとコメ発酵エキスが配合され、植物性スクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸、カミツレエキスなどを配合しています。無着色、無香料、パラベンフリーの点も見逃せません。

あの「森永製菓甘酒」が原料に入っているのかと思いきや、そこはあくまでイメージ。原料として使用しているわけではないそうです。

この冬は、「甘酒コスメ」でスキンケアしてみてはいかがでしょうか?発酵食品のもつ自然の恵みで、お肌がしっとり&スベスベになること、間違いなしです。ぜひ試してみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス