スマホに対する依存性が高くなる

スマホに対する依存性が高くなります。

長時間使用していると、スマホ中毒になる危険性があります

出典 http://corelady.jp

大人にもありますが、「スマホ中毒」というものです。

うちの子は一日3~4時間くらいは見ています。もう「Youtube中毒」といわれても仕方ないくらいです

出典 http://appmarketinglabo.net

最近は、幼い子供でも、Youtube の動画を熱心に視聴します。

スマホ中毒は脳の灰白質と呼ばれる神経細胞が存在する部分が少なくなると、研究で発表されています

出典 http://corelady.jp

Youtube には、幼い子供を魅了する動画が、たくさんあるためです。

また、「タッチ」で操作できるため、2~3歳ぐらいの子供でも使える、ということがあります。小さい子供でも、器用に広告を消したりもしますね。

しかし、スマホ中毒は「脳」に良くありません。ある研究によると、スマホ中毒により、脳の灰白質と呼ばれる神経細胞が存在する部分が少なくなる、そうです。

子供の脳がそうなっている…と考えると、怖いことです。

視力が低下する

視聴時間が長くなると、視力の低下につながります。

見ている時に瞬き回数が劇的に減少します

出典 http://iphonescafe.com

スマホを見ているときは、「瞬き」が少なくなっています。※ドライアイの状態。

近くの一点だけを見続けることで、ピントを調節する筋肉が凝り固まり、近視や視力低下を招きかねません

出典 http://www.hoiku-shigoto.com

ピントを固定する筋肉が、柔軟性や可動性を失ってしまうことがあります。

画面から出るブルーライトを長時間眼に入れ続けることが、視界の中心がゆがむ加齢黄斑変性の原因にもなるといわれています

出典 http://www.hoiku-shigoto.com

ブルーライトの害も軽視できません。

視力低下の原因になります。30分以上連続して見る環境が習慣化していると、視力も低下しやすくなってしまうので注意しましょう

出典 http://ure.pia.co.jp

30分以上連続で見ることは、好ましくありません。

30分視聴したら、休憩を入れた方がいいでしょう。その際、目を休めたり、遠くを見たりすることが必要です。※ピントの固定を解除する。

コミュニケーション能力が低下する

コミュニケーション能力が低下します。

人とのコミュニケーション能力が低下する

出典 http://iphonescafe.com

対面のコミュニケーションの時間が減るからです。

ネットを介したコミュニケーションがメインになると、実生活で人と接することが少なくなり、億劫に感じ始めることがあります

出典 http://smamori.jp

人と対面で話すことが、面倒になったりします。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学教授は、他者の感情を理解する能力の低下は、携帯電話やコンピューターの使い過ぎによるものであると述べています

出典 http://www.hoiku-shigoto.com

他者の感情を理解する能力の低下につながる、との指摘もあります。

自分から何かを発信する癖がなければ、他人との接し方がわからなくなり、集団生活でも孤立してしまう可能性だってあります

出典 http://ure.pia.co.jp

インプットに偏ってしまうと、アウトプットがおろそかになります。

コミュニケーションにおいては、アウトプットが重要になります。その部分が弱くなると、人間関係を上手く築けなくなる可能性があります。

電磁波による悪影響がある

電磁波による悪影響があります。

電磁波は体を酸化させ、病気の元にもなります

出典 http://corelady.jp

電磁波は体を酸化させ、病気の元になる、との指摘があります。

自律神経にも影響があるため心身共に良いとはいえません

出典 http://corelady.jp

スマホなどを長時間使いすぎると、気分が悪くなることがあります。もしかすると、(長時間の使用が)自律神経に悪い影響を与えているのかもしれません。

特にスマホを耳に当てているということは、電磁波が「脳」にかなり近い場所から発信受信をされているため、脳への影響が懸念されます

出典 http://josei-bigaku.jp

電磁波の強さは距離の二乗に反比例します。

したがって、電磁波の発生源から距離をとれば、それほど心配することはありません。子供がスマホで長電話をすることはあまりないと思いますが、もししていれば、今すぐやめさせた方がいいでしょう。※脳への悪影響を避けるためです。

睡眠障害、集中力・記憶力の低下がおこる

睡眠障害、集中力・記憶力の低下がおこる可能性があります。

勉強への集中力が続かず学力低下に陥ります

出典 http://smamori.jp

集中力が低下すると、学力低下につながります。

不思議なことに3日も続けてゲームをしていると、日時や昼夜、その間に何を食べたり飲んだりしたのか?すら思い出せなくなります

出典 http://iphonescafe.com

記憶力の低下が起こる可能性もあります。※これも学力低下につながります。

電子端末の明るい光は、眠る際に必要なホルモン「メラトニン」の生成を阻害するとのこと。そのために眠りが浅くなったり、不眠になったりする可能性が高くなるとされています

出典 http://www.hoiku-shigoto.com

夜、寝る前などにスマホを使うと、不眠になる可能性があります。

子供が寝る前にスマホを使っており、「寝つきが悪い」と言う場合は、スマホの使用が原因である可能性が高いと思います。

特に、寝る前の使用には注意してください。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら