映画館は巨大なスクリーンで最新の作品を鑑賞できる娯楽スポットです。

ですが、近年では値段の高さがネックとなり、なかなか足を運びづらくなっている人もいるのではないでしょうか?

日本の映画館の入場料は通常1800円

映画館の入場料は成人の場合、1800円が徴収されます。もちろん学割もありますし、時間帯によっては割引価格となることもあります。ただ、通常で見る場合には1800円なのです。

出典 http://news.livedoor.com

昔に比べると徐々に値段がつりあがっているような気もします。

高いと感じる人も多い?

世界と比べてみても日本の映画料金はダントツに高い

世界最大の映画供給源となっているアメリカは入場料が10ドル以下で日本の半額程度。

実は世界で比べてみると日本はダントツに高いのだそう。それはなぜなのでしょうか?

日本の映画興行の業界を見た場合にかなり複雑化している点が一因として挙げられます。

映画業界のシステムは大別すると3つに分かれます。「製作」・「配給」・「興行」の3つです。「製作」は映画製作を行う人たちです。次に「配給」とは映画を配る役割を行う人たちのことを指します。最後に「興行」が映画館ということになります。

諸外国においてはこれら3つがきちんと独立しており、それぞれが別の判断で動いているわけです。しかし、日本においてはこれら3つが一体化している傾向があります。映画の製作会社で作った映画を自社の運営する映画館のみで放映することも多くなっています。

出典 http://fast5-lefilm.com

入場料1800円は映画館にとってもギリギリの価格だった

ではなぜ1800円もの価格になっているのでしょうか?もちろん最初からこの値段だったわけではなく、時代とともに上昇しています。

1955年のデータでは、当時の映画料金は63円だったそうです。以降、1970~79年の10年間の間に324円から958円になり、2015年現在では1800円の料金設定になりました。

出典 http://ciatr.jp

1800円の入場料が高く感じる方も多いかもしれませんが、利益を出すためにはトントンの価格なのだそうです。また、ヒット作の裏にはわずかな興行収入で打ち切られる映画も少なくありません。

映画そのものに膨大な金額がかかっている

映画というのは映画製作だけでなく、企画立ち上げから、宣伝費、役者やスタッフのギャラなど多くの費用を必要とします。

出典 http://news.livedoor.com

digitalspy.comがこの度、莫大な製作費をかけた映画トップ20を発表した。

1位に輝いたのは、ジョニー・デップ主演のシリーズ第3弾『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』(07)の3億3200万ドル(約332億円)、2位は『タイタニック』とサム・ライミ監督作『スパイダーマン3』(07)の2億8600万ドル

出典 http://news.walkerplus.com

映画製作には膨大な資金が必要です。特にハリウッドなど世界的なヒット作を作成しようとすると、億単位の費用がかかってしまいます。

また、映画館がフィルムを借りる際の権利金が定められているのだそうです。

入場者数の減少も関係している

映画の入場料の価格上昇には、入場者数の減少も関係しています。テレビの普及以降もDVDが登場したことにより、最新の映画でも半年待てばお家で気軽に見れるようになりました。

1960年代前半にピークを迎え、1970年代前半にかけて減少、その後はほとんど横ばいを維持しているようです。この急激な増減の背景の一つとして、1964年の東京オリンピック開催に伴い一般家庭へのテレビの普及が要因として挙げられます。

出典 http://ciatr.jp

このような理由で入場者数は減る一方。閉館を余儀なくされる映画館も後を絶ちません。

様々な割引を利用すればお得に

1800円と高く感じる映画の入場料。しかし、料金を割引するサービスもたくさんあるんですよ!

ファーストデー

毎月1日をファーストデーとし、1100円の入場料金になります。

レディースデー

週1回、女性のみを対象とする曜日を設けている。割引額は1000円で、曜日は水曜日というところが大半である。

出典 https://ja.wikipedia.org

毎週水曜日のレディースデーは映画のみならず、飲食店でも適用されていますよね。

カップルディ

こちらは年齢に制限はなく、カップルであれば2人で2000円で入場可能となる。ただし、毎週ではなく月に1日となるところが多い。

出典 https://ja.wikipedia.org

メンズデー

全国的にみれば実施している映画館はそれほど多くない。割引額は1000円で、曜日は木曜日や金曜日というところが多い。

出典 https://ja.wikipedia.org

レディースデーほど浸透していないのが残念です。

モーニングファーストショー

平日午前中の1回目の上映を割引対象とするもの。

出典 https://ja.wikipedia.org

レイトショー

出典pfximg:10252001866

午後8時以降に上映開始となる映画を割引対象とするもの。

出典 https://ja.wikipedia.org

午後8時以降ということで、仕事終わりカップルのデートプランとして人気です。

夫婦50割引

夫婦どちらかが50歳以上なら映画料金が一人1000円になる。

出典 https://ja.wikipedia.org

こちらは50歳以上であることを確認するため、運転免許証などの証明が必要です。

高校生友情プライス

高校生三人で映画館に行けば映画料金が一人1000円になるもの

出典 https://ja.wikipedia.org

全国的には終了したサービスですが、一部地方などでは継続して行われています。

ハンディキャップ割引

多くは1000円で、障害者手帳の提示が必須とされる。なお、付き添い者も割引対象としているところが多いが、人数については1名の場合と2名の場合がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

映画料金が1800円もかかってしまう理由は、莫大な映画製作費用と入場者数の減少にありました。

特に現代は少し待てば最新の映画がDVDで鑑賞できるため、入場者数減少に歯止めがかかっていない状態です。お得な割引サービスも多数あるので、ぜひ映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス