AKB48「ヘビーローテーション」のPV監督も務めた写真家・蜷川実花さん。

日本を代表する素晴らしい写真家としても知られていますが、2児の母として子育てに奮闘中!そんな蜷川さんの日常をご紹介します。

偉大な父と母の間に生まれた

蜷川実花(にながわみか、1972年10月18日-)は、日本の女性写真家、映画監督。愛称は「ニナミカ」。

演出家・映画監督の蜷川幸雄とキルト作家の真山知子(蜷川宏子)夫妻の間に第一子として出生。

出典 https://ja.wikipedia.org

父親はかの有名な蜷川幸雄さんです。偉大すぎる両親の間に生まれましたが、彼女自身も日本を代表する写真家になりました。

写真家として活躍

多摩美術大学卒。在学中より写真展に応募し、数々の賞を受賞。

ポップでカラフルな色調で、女性モデルを多く起用する写真家。小道具も自作とのこと。日本におけるガールズフォトの代表的存在。

出典 http://d.hatena.ne.jp

写真家としての実力はもちろん、映画『さくらん』やAKB48の『ヘビーローテーション
』のPV監督を務めるなど、その活動は多岐にわたります。

私生活では…

1997年に最初の結婚をしたがその後離婚。2004年に再婚したが2007年に離婚。2007年10月に妊娠していることを自身が編集長を務める雑誌ほかにて公表した。

同年12月11日に第1子(長男)を出産した。一部報道では事実婚とされていたが、自身の公式ウェブサイト内の日記にて、入籍したことを発表している。2015年5月24日、ブログにて第2子妊娠を報告。9月25日、インスタグラムにて第2子出産を公表。

出典 https://ja.wikipedia.org

2人の子どもを持つ母に

蜷川さんは現在2人のお子さんを持つ母親です。息子さんとのやり取りをときどきTwitterで紹介してくれているのですが、息子さんの発言がイケメンで可愛くて、2人の会話がとてもほのぼのするんです♪

息子とのやり取りが可愛い

実花さんが大好きな息子さん。ママを守るためにチャンバラを練習って、すごい。

間にサッカーが挟まれているのが良いですね(笑)

4歳なのにすごくませている息子さん。

発言がイケメンすぎます!さらりと「可愛い」が言えるなんて、将来有望な息子さんですね。

4歳でママの仕事を理解しています。どちらの仕事もママの影響を大きく受けていますね。

母親であることは無条件に幸せ

蜷川さんは子供を子育てしていく中で、「母親であることは無条件に幸せなこと」だと知ったそうです。夕方以降は仕事を入れないなど、仕事との線引きをきちんと行っていますね。

午後6時~8時半は仕事を入れない。子供にご飯を食べさせ、宿題をみて、寝かしつける。まさか自分がこんなに教育熱心になるとは(笑)。週末も面白そうな展覧会やキャンプに一緒に出かけている。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

中学生の時に決意したこと

私の母親の世代は仕事か子供か、選ばなくてはいけなかった。その頃と比べたら女性が働きやすくなったはず。私は中学の時に「仕事も子供も両方とる」と決めた。フリーランスは出産や育児で1、2年休むと仕事が来なくなる可能性がある。ブランクがあっても仕事が来るような地位を、35歳までに築こうと思っていた。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

母親業と仕事の両立は昔に比べると楽になりましたが、それでもまだ女性の負担が大きいです。しかし実花さんは中学時代に「両立させる」ことを決意していたんだとか…!その頃から未来のビジョンが見えていたんですね。

偉大な両親のもとに生まれ、自身も日本を代表する写真家として活躍している蜷川実花さん。仕事と子育てをきちんと両立している女性でしたね。現在8歳になる息子さんとのやり取りにも、愛を感じます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事でもあり、忙しい毎日を送っているかと思いますが、これからも多方面での活躍に期待したい女性です!

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス