気付くとかばんのなかはホコリだらけ……

ふと気付くと、かばんのなかがホコリだらけ……なんてことがあります。ひっくり返して、ホコリを落とそうとしても、なかなかキレイにはとれません。でも、汚いかばんに直接お気に入りの財布や手帳を入れるのって、なんだかすごく抵抗が……。そんなとき、オフィスにある、あるものを使えばかばんのなかを簡単にキレイにすることができるんです。

ふせんを入れておくだけでかばんの中がキレイに!

それが、予定の管理やちょっとしたメモに重宝するふせんです。方法はとても簡単で、ふせんをペリっと1、2枚はがしてかばんのなかに入れておくだけ。朝入れて、そのままいつもどおり1日過ごせばOKです。

1日かばんの中に入れておいたふせんは……?

細かいほこりや髪の毛がべったり……。写真は粘着面の狭い一般的なふせんですが、全面粘着タイプを使えば、もっとたっぷりゴミを取ってくれます。

かばんのほかにも……

ふせんを使ったこのテクニックは、かばん以外にもペンケースや化粧ポーチに応用可能!なにより、ただ入れておくだけなので簡単なのがうれしいところ。また、書き間違えたり、書いてあったタスクが終わって必要なくなったりしたふせんは、すぐにぽいっと捨ててしまうことが多いはず。それをゴミ箱ではなく、かばんやポーチのなかに入れれば、むだなく使うことができるんです!

見えないところまで美しく

人から見られる部分を清潔にしておくのは当たり前ですが、見えないところまで美しく保つのが本当の美意識ではないでしょうか。さっそく、いらなくなったふせんを再利用して、始めてみてください!

この記事を書いたユーザー

せなどす このユーザーの他の記事を見る

編集者/ライター。nanapi、メディアジーンを経て、現在フリー。恋愛、ファッション、美容などの女性向けコンテンツと記事広告を主に執筆。東京生まれ東京育ちの25歳。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • ファッション
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス