Licensed by gettyimages ®

保育士は、女性が多い職業の1つです。現在では男性保育士も増えてきていますが、根強い偏見も存在していることをご存知でしょうか?

まずは「保育士」という職業の歴史から紹介します。

性別を理由に資格すら取れなかった時代も…

Licensed by gettyimages ®

以前までは『保母さん』という愛称で親しまれていた職業です。これは1999年の児童福祉法改正前まで、『保母資格』という名称だったことから『保母さん』といった呼び名が一般的に広がっていました。しかし、徐々に男性も保母資格を取得する方が増えていき、『母』という女性を連想させる名前への疑問の声や、男女雇用機会均等法の流れを受けて『保育士資格』という名称に変更されています。

(※男性が保母資格の受験を認められたのは昭和52年以降で、それ以前は男性が資格を取得することはできませんでした。 )

出典 http://hoikusi.biz

以前は「保母」と呼ばれていた資格でしたが、男女雇用機会均等法により「保育士」と名称が変更されると共に、平成15年には国家資格になったのです。

しかし、歴史を紐解いてみると昭和51年以前には、性別が男性というだけで資格を取ることすらできませんでした。

男女雇用機会均等法の施行後は男性保育士も増えてきたのですが、性別を理由にこんなことを言われるケースがあるそうです。

オムツ換えや着替えを拒否する保護者がいる

Licensed by gettyimages ®

ある男性保育士(20代)は「保護者からの要望で女児のオムツ交換をしないようにと指示があった」と明かした。もちろん彼はロリコンではなく、園長から勤務態度を褒められるほど真面目に働いている。

だがそれでも「男だから」という理由で保護者から警戒されてしまう。ほかにもトイレの世話やおもらし後のシャワーなど「密室」になる状況は保護者に嫌がられ、女性保育士が代わりに担当するケースがあるという。

出典 http://dailynewsonline.jp

性別で判断するのは、男性であっても女性であっても悲しいことですが、現場では実際にこういった事例があるのです。

なぜかと言えば、園児にわいせつな行為をして逮捕されている事件が少なからず影響しているからだと思われます。(文中の男性保育士が勤務している保育園で起きた事件ではない)

もちろんそういったケースはごく一部ですし、大多数の男性保育士はそういった事件で迷惑を被っている立場です。

Twitterでは、こういった男性保育士への偏見について様々な意見が寄せられていました。

男性保育士に関する様々な意見

働く側としても問題は多く、トイレや更衣室の問題もありました。

保育以前の福利厚生の面でも考えるべき点はあるようです。

性別だけで全否定されては、志を持って保育士を目指す男子学生をも否定することになりますよね。男女逆であればどうなるのでしょうか?

保護者として心配する声も見られました。

性別で採用しないということになれば、人手不足や待機児童に拍車をかけるのでは?という現実的な意見も…。

男性保育士を否定しつつ、父親の育児参加を訴えるのはダブルスタンダードと思われても仕方ない気がします。

男性保育士の割合が少ないだけに、何か事件が起きると一括りに見られてしまいがちなのです。

真面目に保育に取り組んでいる男性保育士にとっては、迷惑でしかありません。

それこそ男女雇用機会均等法に抵触する発言ですよね。

小児科にも男性医師はいますが、その点についての指摘がないのは疑問です。

大事な子どもを預けることについては、信頼関係で成立するものでは?

男性保育士全てが信頼できないとなると、女性保育士のみの保育園を探すか、自ら養育するしかありませんね。

女性だから安心、ということではなさそうです…。

さて、実際に男性保育士として勤務した経験のある方は、こういった偏見についてどう思っているのでしょうか?

保護者へこんなメッセージを送っている方がいらっしゃいました。

「まずはその男性保育士をみてあげてほしい」

Licensed by gettyimages ®

特に娘さんがいらっしゃる保護者は男性保育士が嫌だと思う気持ちや不信感を抱く気持ちは理解できますし、事が起こってからでは遅いという気持ちも分かります。その感情は致し方ない部分だと思いますが、一生懸命仕事に励んでいる男性保育士を男性だからと安易に否定・拒否してしまうのはいかがなものだろうか。

もしその男性保育士に怪しい部分があれば主張・拒否するのも悪くないでしょう。しかし男性だからという単純な固定概念で拒否するべきではないと思います。

きっと多くの男性保育士がそういった保護者の気持ちを理解した上で保護者の方に信頼されるように頑張っていると思いますので、まずはその男性保育士をみてあげてほしい。トゲのある主張を長々としてしまいましたが、これが男性保育士の本音だと理解していただければ幸いです。

出典 http://www.menshoikushi.com

男性保育士≠ロリコンです。

結局は性別に関係なく、本人の人間性をしっかり見て欲しいと綴っていらっしゃいました。

事件が起きると心配になるのは分かりますが、全ての男性保育士が事件を起こすわけではありません。

事件を起こした男性保育士は許されませんが、真面目に頑張っている方とは切り離すべきなのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス