以前Spotlightでも話題になった「嫌がらせ弁当」「母からのメッセージ弁当」などお母さんから子供たちへ作られるお弁当には様々な感動的なエピソードが生まれますよね。
今回はそんな愛情こもったお弁当の中でも、6年間の塾通いを終えようとする子供へ向けた「最後の塾弁」をご紹介します。

「塾弁」とは?

まず「塾弁」というワードが聞きなれない方も多いのではないでしょうか?
塾弁とはその名の通り塾に行く息子・娘さんのために作ったお弁当のことです。
キャラ弁やデコ弁もありますが、長時間勉強するお子さんを考えたボリューム満点のお弁当が多いです。

出典 http://pecolly.jp

CMでおなじみのあの塾の先生のキャラ弁だったり…。

出典 http://pecolly.jp

スタミナ重視のガッツリ系プルコギ弁当も!

6年間塾弁を作り続けた「ぶりさん」

そんな塾弁をお子さんが小学1年生から6年生になるまで作り続けた「ぶりさん」
6年間の間に様々な塾弁が生まれました。

1、夏期講習で打ちのめされた息子へ送るエールの詰まった塾弁

天王山の夏!
勝負の夏!

勝った感ゼロの打ちのめされた形になった息子よ!

でも頑張ったじゃないか!
結果はどうであれ…!

毎年言ってる気がするな(*≧∀≦*)


とにかくお疲れ様!

今日は何がなんでも丸型弁当で!
ガッツリおかず入れといたよ!

行ってらっしゃい~(o^・^o)

出典 http://pecolly.jp

塾で頑張っている息子さんへのエールが詰まった塾弁。どんな時でも味方でいてくれるお母さんの思いやりがいっぱいです。

2、正月返上で頑張る息子への豪華な"運気上昇おせち塾弁"

正月返上で今日も塾弁作ってます♪
あまりに可哀想なのでお節を詰めてやったら
「お母さん、こんなに食べられないよ」と…💦

ま、そうだろうけどね、正月から貧相な弁当持ってったら運気が下がるような気がするからね、残してもいいから持って行きなさいと言ってやりました。
親心ですかね♪


いいえ、もはや神頼みな感じで♪(*´∀`)

出典 http://pecolly.jp

お正月後のお弁当は豪華なおせち塾弁。少しでも運気が上がるようにという母親の愛ですね。

3、新しい仲直りの方法?くすっと笑える母の"復讐塾弁"

今朝子どもと喧嘩した…というより一方的に暴言を吐かれ唖然とする母を残し全速力で出ていった息子…スリッパで追っかけたが追いつかず(;>_<;)←大人げない

わなわなわな(`Δ´)
どうしてくれよう(怒)

…で塾弁で復讐することにした。

息子よ、今日もお勉強ではなく、弁当で注目の的だね( ´∀`)


母はもう怒ってませんよ♪
怒りを全部弁当にぶつけたから♪
メッセージ付きで( ´∀`)

出典 http://pecolly.jp

たまに喧嘩したときは、愛情たっぷりのお弁当も豹変…?

込められたメッセージに感動する「最後の塾弁」

先日6年間続いた「塾弁生活」にピリオドを打ったぶりさん。
ぶりさんの最後の塾弁を、それにこめられた感動的なメッセージと共に紹介します。

とうとうこの日が来ちゃったなあ~

ほぼ6年間届け続けた塾弁。

1年生の頃は週に1回だけ。学校から塾へ行く途中、駅でつかまえて着替えをさせて、ついでにベンチで軽食を食べさせ、私はランドセルと着替えの抜け殻を抱えて帰る日々…そのうちそれが週に2回になり、あっという間に3回になり、気付いたら毎日電車に揺られ燕のお母さんのように、せっせと塾に着替えと弁当を届ける日々に。

途中、母が重い病気になり、
看病の傍ら病室で弁当を作ったり(*^^*)コラ、義母が足の手術をしたり、義父がマダラ呆けになったり(笑)となかなかびっくりな事が次々と起こりつつも、塾弁は作り続けた。
…正直辛いと思った時も…まあちょこっとだけあった(^^ゞ

でもそんな中で、ペコリのお友達と一緒にお互いに爆笑しあい、励まし合いながらお弁当を作った夏休みや冬休みが本当に楽しかった!あれがあったから私は楽しく毎日のお弁当を作り続けてこられたのだと思う。

本当に後半の塾弁はペコリの思い出と共に走ってきた。

私の下らないヨタ話付きの塾弁を投稿する度見に来てくれて、楽しいコメントや励ましの言葉を贈って下さった全てのペコ友さんへ…

本当にありがとうございました💕

皆さんが側にいてくれたから何とか乗り切れたんだと思います。

これからしばらくの間、投稿が途切れますが、この次は必ずどんな結果であろうとも、元気いっぱいに戻ってきて、ご報告に上がりますね!

あれれ?何だか嗚咽しそうになってきたので、最後の塾弁届けに母さん行ってきまーす( ´艸`)

to be continued !💋💋💋

出典 http://pecolly.jp

お弁当を作るというのは想像以上に大変なもの。辛かったり辞めたいと思ったことも多かったと思います。
しかしその大変だった「塾弁生活」も終わるとなるとやはり寂しいものですよね。

6年間「塾弁」を作り、息子さんへ届け続けたぶりさんお疲れ様でした!
これからも食を通じてぶりさんのご家族の絆が豊かになりますように。

ペコリの公式Facebookページではお料理動画を更新中!

ペコリの公式Facebookページでは素敵なお料理の写真や思わず作りたくなっちゃうような料理動画を更新中!ぜひいいね!してくださいね♪

Facebookページはこちら

この記事を書いたユーザー

【公式】ペコリ編集部 このユーザーの他の記事を見る

レシピメディア「ペコリ」の公式アカウントです。
毎日の食卓に役立つお料理情報をお届けします。
【アプリのダウンロードはこちらから】
ios : https://itunes.apple.com/jp/app/pecolly-cooking-community/id544605228
Android : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ameba.pecolly

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス