記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠中は、赤ちゃんをむかえる大きな喜び、楽しみの多い時期ですね。しかし、嬉しいことばかりではなく、妊娠前とは体の様子が全く違ってしまい、たくさんのトラブルがでやすい時期でもあります。中でも、妊娠中に起こるトラブルの一つに肌の乾燥があります。

妊娠中は、肌がかゆくなったり、乾燥しやすくなることがあるのですが、これはどうしてなのでしょう?
今回は、妊娠と乾燥肌の関係について医師に解説していただきました。

ホルモンの変化と肌荒れの関係とは?

Licensed by gettyimages ®

女性はもともと、生理周期によってホルモンのバランスが変化しています。ごれが、妊娠をすると周期がなくなり、ホルモンの分泌の様子がかわります。妊娠をすると、増加するホルモンの一つに、黄体ホルモンであるプロゲステロンがあります。プロゲステロンは、子宮内の状態を整えて胎盤を完成させるはたらきがあり、流産するのをふせぎます。

このプロゲステロンは肌へ働く作用もあります。妊娠前のプロゲステロンは、生理前から生理中に多く分泌されているホルモンであり、生理の時に肌荒れを起こすことが多い人は、このプロゲステロンの分泌が原因の1つになっていることも多いとされています。プロゲステロンが多くなると、肌の本来もっているバリア機能が低下してしまうといわれています。そのため、肌に水分を蓄えられず、乾燥しやすくなり、皮脂も増えることがあります。そのため、べたつくけれど乾燥するという状態になってしまうことがあるのです。

妊娠中は水分や栄養が不足しがち?

Licensed by gettyimages ®

妊娠をすると、おなかのなかで赤ちゃんを育てるために母体の中は、体中の水分を子宮に集めようとします。そのため、肌への水分量は減ってしまい、乾燥肌が引き起こされてしまいます。

また、ビタミンやミネラルなど様々な栄養も、赤ちゃんに送られるようになるため、自分の肌への栄養が後回しになってしまって、

・肌のバリア機能が低下
・肌を健康に保つターンオーバーがうまくいかなくなる

などして、結果、乾燥の原因となります。

妊婦がなりやすい便秘も肌荒れの天敵!

Licensed by gettyimages ®

妊娠中は、便秘になることも多い時期です。前述の、プロゲステロンは妊娠中の便秘にも関係することがありますし、おなかの中の赤ちゃんが大きくなっていくために腸の動きが悪くなって排便がしにくくなったり、腸の中の水分が足りなくなって便秘になることもあります。

便秘をすると腸内環境が悪くなり、それに伴って肌が荒れやすくなるため、さらに肌のもつバリア機能が下がって乾燥しやすくなります。

妊娠中のストレスはホルモンバランスのせい?

Licensed by gettyimages ®

妊娠をすると生活の変化や、体調が悪くなること、ホルモンバランスが変化することによって、ストレスを感じやすくなります。個人差はありますが、妊婦にみられやすい症状としては

・感情が不安定になる
・お腹が張る
・トイレが近くなる
・ホルモンの影響でしょっちゅう目覚めて睡眠不足になる

など、これまで健康だった人にはつらい変化ですね。これらにより、肌の健康も損なわれてしまうこともあります。

≪妊娠中、正しい生活できていますか?≫
妊娠中の生活でグッと安産に近づける!安産を目指すためのポイントは

【医師からのアドバイス】

妊娠中の乾燥肌には、保湿剤などを塗って対処していくといいですね。ただし、妊娠中は肌が敏感になっていることが多いので、以前はよかったものも合わなくなることがあります。一度テストしてから使うようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス