記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

※2015年5月の記事に補足して再アップです。

【クライアントを勝手に自立させる方法】

これは私がセッションする時や、お話し会をする時に意識していて、勝手にそうなっていることでもあります。

・応援しない
・反対しない
・同情しない
・共感しない
・教えない

って感じですかね。

・応援しない

どんな体験をしてきてようと、今どんな環境にいようと、結局は本人の魂がそれを望んでるんですよね。

だからクライアントさんがアダルトチルドレンでも立ち直っても、どっちでもいいんです

この、【どっちでもいいですよ】に触れた時に、クライアントさんは【自分はどうしたいのか?】を確立し始めます。

ざっくり言うなら、『このセラピストは何もしてくれない。なら、自分でやるしかない』にたどり着いてもらうのが大切です。

なお。クライアントさんがセラピストに、応援された、言われたからやったんだって思ったら、やがてはセラピストのせいにするか、セラピストのおかげだと、錯覚し始めるのがオチです。

あくまで、自分を苦しめるのは自分だし、楽にするのも自分です。

・反対しない

上記と同じですが、クライアントさんから『辛い感情をそのまま感じるなんてやりたくないんです。他の方法を探します』と言われても、私は『そうですか』と答えます。

感じるってことは体感で体験なので、自分で体験するしか無いんですよね。体験の結果楽になるんですよなんていくら学んだところで、実践していかないなら意味がありません。

感情は感じる以外に解放される方法は無いとわたしは確信してますけど、他の方法があると思うならどうぞどうぞです。

・同情しない

どんな絶望的な状況の話を聞いても、『なるほど、そうなんですね。それで、何を感じてるんですか?』っていう質問しかしないんです。

そうすることで、一緒に涙を流してセラピストが励ましてー慰めてーの共依存関係を避けることができ、クライアントさん自身が【自作自演自分で感じるゲーム】をしてるだけなんだって、自覚しやすくなります。

・共感しない

上記と同じですね。

で、私の場合は内観始めて四年くらいなので、共感して涙を流すことは無いのですが、もしクライアントさんの話を聞いていて、可哀想とか胸が痛いっていう共鳴が起きるなら、その時は【自分で自分の感情感覚を感じる時】です。

それが落ち着くと相手も自然と落ち着いてきます。

※一緒になって涙を流すと、確かにすっきりはしますけど、それはセラピーではなくて
【単なる泣き友達】だと思います。

それが悪いのではないですが、根本的な変化が起こるものでは無いということです。

我慢ちゃんが感情を出すのは大切ですが、一回吐き出してすっきりしても、また同じパターンに戻るだけですから。

あ、ちなみに寂しさが共鳴すると、セラピストとクライアントの擬似恋愛になったりもします。寂しさの感覚と胸キュンは似てるんですよね。

・教えない

エネルギーワークなどもやっていたので、今は人のエネルギーを見たら、どんな感情を抑えているのかがわかるんです。

でも、言いません。言葉で伝えると知識になります。知識は腑に落ちることとは別ものです。

『あなた寂しさ抑えてますよ』と伝えても構いませんが、自分で気がつくアハ体験とは別ものです。

ないないない、の代わりにやっているのが次の項目です。

・質問
・分析
・待つ
・見守る

ですね。

※長くなったので、続きは次の記事に。

※この記事は私がセラピストなのでその観点で書いてますけど、教師、子育て、医療関係の方などなんでも応用できるものだと思います。

※全ての記事の引用、シェアはご自由に。

うん、書いてて思ったけど、子育ても一緒やね。

上記にエッセンスは盛り込んでますが、実際にワークしたり生で話を聞いてより腑に落としたい方は、下記2日間講座がオススメです。

◇3月5日
自分が自分のセラピスト~質問が人生のキーワード
◇仮質問編ワークショップ~自分が自分のセラピスト

◇3月6日
新時代セラピスト養成講座~中心点を見ると宇宙が変わる
◇6日セミナーの岡田による案内文はこちらから

◇5日、6日の申し込みはこちらからお願いします
【募集!♡】3月5日6日たまこと岡田さんワークショップ

勝手に成長。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス