学生の皆さんは春休みに入り、帰省したり、卒業旅行に行くという方も多いのではないでしょうか?せっかくの休みだから遠いところに羽を伸ばして、楽しみたいですよね!

移動に便利な飛行機ですが、座席によって居心地が変わることもあるんです…。

飛行機は座席指定できる

最近ではどんなグレードのチケットでも座席指定することができますよね?短時間なら問題なくても、長時間や緊急時など場合によってはデメリットになることもあるので、注意して選んだほうが良いです。

みなさんは飛行機にのるときどこの座席を選びますか?

座席には主に、前方・後方・窓側・通路側・非常口付近などいろんなエリアが選択できますが、みなさんは飛行機にのるときどこの座席を選びますか?

どこに座るかでメリット・デメリットがある

飛行機の座席はいろんなエリアが設けられていますが、座るところによってそれぞれメリット・デメリットが存在します。

前方と後方はどちらが良い?

前方席のメリットは、揺れが少ないので、特に飛行機が苦手な人にはおすすめです。また、出入り口から近いので、乗り降りがしやすい場所でもあります。

デメリットとしては、搭乗の際に、自分の座席でもたもたしていると、後ろに人が並んでしまい、かえって焦ってしまうことがあります。

出典 http://www.kokunaisen.com

前方の座席で荷物の出し入れに時間がかかると、後方で並んでいる人を待たせてしまいます。入れるときは、一度座席に座り、必要なものを確保してから荷物入れにしまうとスムーズです。

後方席のメリットは、窓際であれば、翼が邪魔にならないので、景色をゆっくり楽しむことができます。また、前方から席を埋めていく関係上、混んでいる便でなければ、座席に余裕があることが多くあります。

デメリットとしては、降りる時に時間がかかってしまうこと。もし後方席になった場合には、焦って降りようとせず、行列が遠くなってきてから、のんびり席を立つくらいの気持ちでいれば、特にイライラせずにすみます。また、前方席に比べて、揺れを感じやすいため、乗り物酔いが気になる場合は、避けたほうがよいかもしれません。

出典 http://www.kokunaisen.com

後方は席が空いていることも多かったり、景観などのメリットがありますが、揺れが前方に比べると強いので、苦手な人は避けたほうが無難でしょう。

窓側と通路側、どちらが良い…?

窓側か通路側でも悩みますよね。どちらもメリットデメリットがあるので、自分の行動サイクルに合わせて選んだほうが良いでしょう。

窓側のメリット
①壁にもたれて寝ることができる 結構いい感じで寝ることができます(笑)
②寝ることを邪魔されずに済む 自分のスペースが作れるので
③窓の外を見れる

窓側のデメリット
①トイレに行くのにとても気を遣うのと、タイミングを見計らう必要がある 私にとってはこれはストレスなので、最大のデメリットです
②上の棚の荷物を取れない 最初に必要なものを出しておけば問題なし

出典 http://tabi-mile.com

通路側のメリット
①トイレに行きやすい 私は結構頻繁にトイレに立って体を少しでも動かしたいので重視しています
②上の棚に入れた荷物を出しやすい 私は足元に荷物を置きたくないので上の棚はフライト中何度か開けるので。。。

通路側のデメリット
①寝ているときに通路を歩く人にぶつかられ、起きてしまうことがある ただでさえ、狭くて寝ずらいのに結構マイナスです
②窓側の人がトイレのとき、席を立たなければいけない 窓側の人は遠慮しているのか、長いフライトでも2~3回くらいしかないのでそんなに気になりません。

出典 http://tabi-mile.com

トイレや非常口近くは注意が必要

トイレに近い席は自分が利用したい時に便利ですが、逆に他の人がトイレ待ちに並んでる姿などが目に入り、人の出入りも激しいと落ち着かない場合があります。また、非常口付近も注意が必要です。

非常口付近の席は、緊急時にすぐ脱出できる!と思いきや、乗務員の手助けをする義務がある。万が一に備えて、心の準備は必要かも?

出典 http://zunny.jp

海外の場合は、英語が話せないといけない…など様々な基準があるので、非常口付近の座席を選ぶ場合は航空会社のHPをよく確認しましょう。

他にも…

足元に荷物を置くことを禁止されているので、荷物を全て上にしまわなければなりません。広さが魅力ではありますが、逆に色々気になって座りたくない、という人もいるようです。

出典 http://www.kokunaisen.com

今回は飛行機の座席について調べてみました。どちらもメリット・デメリットがあるので、一概にオススメの席はコレだと決めることができませんね。

メリット・デメリットを把握して、自分の居心地の良さをどこに置くかで、あなたにオススメの座席が決まります。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら