今が旬の苺。苺って、色・つや・形が女性のテンションを上げる果物ですよね。ケーキの飾りにつけたり、デザートに添えたりと、冬の苺はおもてなしなどに欠かせない果物です。

ちょっとしたカッティングで、いつもの苺をワンランクアップして、テーブルに出してみませんか?見た目も豪華で、ホームパーティーなどで出せば喜ばれること間違いなし!

ぺティナイフで切り込みを入れます

出典 http://ashandcrafts.com

熟れすぎていないものを選んだほうがいいですね。

この位の深さで切れ込んでくださいね!

出典 http://ashandcrafts.com

カットしたあとこのくらい開くのがグッド!

こんな感じで、周りを少しずつカッティング!

出典 http://ashandcrafts.com

お花が開いている感じになってきました!

上から見るとこんな感じ!

出典 http://ashandcrafts.com

熟した苺のいい香りがします。

てっぺんに、このうずまきのように切込みをいれます

出典 http://ashandcrafts.com

くるくるって感じです!

まるで薔薇!

出典 http://ashandcrafts.com

綺麗ですよね!

「苺の薔薇」のツリーの完成です!

出典 http://ashandcrafts.com

テンションあがりそうな、素晴らしい出来栄えです。

苺薔薇

綺麗です!

薔薇らしきもの・・

大輪の薔薇が咲きました!

ベリータルト完成!

すごく豪華です!

猫型苺

まるで猫です。オメメをつけたんですね。

苺の蝶々

出典 https://www.youtube.com

ひと手間かけて触角をプラスすることで、より完成度が高まります。

作り方

1.苺の表面を少しずつ等間隔でカットする。

2.四等分にカットする。

3.葉の部分を触覚にみたてる。

動画でご覧ください!

出典 YouTube

作り手の女性のネイルも苺なんです!

苺の白鳥

出典 https://www.youtube.com

白鳥の冠がとっても可愛い!

こちらも動画でご覧ください!

出典 YouTube

見とれてしまいます。

職人技がなくても、カット方法さえ間違わなければ誰でも作れるという、「苺芸術」。これは挑戦してみたいですよね。

雛祭りのパーティなどで、こんな苺が登場したら大歓声間違いなし。この時期限定の苺。楽しみながら作ってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス