本格的なバレンタインシーズンを迎えた日本。

チョコレートの数だけこだわりの味と思いがあると言われ、素材の種類、レシピは無限!しかし、昨今では市販のチョコをただ溶かしてハート型にしただけのチョコレートは手作りチョコだと言い張る女子に納得できない人も…。

じゃあどのレベルから手作りチョコなのか?TOKIOなら言うはずです、カカオの豆づくりから?

まぁそれはいくら何でも普通の人には無理なので、カカオの豆からチョコを作る。それが究極の手作りチョコレートなのではないでしょうか。

“手作りが良かった…”奥さんブチ切れが話題に

事件はバレンタインをプレゼントしたところから始まった。

"手作りが良かった…"この何気ない一言がいけなかった!

それはTOKIOまでとばっちりをうけることに。

忙しいながらも12時間とは…

結果も激マズとは
かなり苦い思い出になったようですね。


普段気にもしていなかったけど
カカオ豆からどのようにチョコレートになるのかちょっと興味が湧いてきました。

カカオ豆からチョコの作り方

出典 https://twitter.com

1・カカオ豆を入手します。ある意味これが売っていないのでネットの通販になるでしょう。また、産地により香りや風味も変わります。

2・入手した豆を良く洗う。

3・カカオ豆を120度で20分~30分オーブンやフライパンで加熱して焙煎。

4・殻を取り除きます。胚芽もできるだけ取り除きます。1豆1豆丁寧に。

出典 https://twitter.com

5・フードプロセッサーなどでカカオ豆を細かく砕きます。

6・砕いたカカオ豆を丁寧にすり鉢ですり潰します。

7・すり潰したカカオ豆(カカオマス)に粉砂糖や粉ミルクを少量加えながら混ぜ合わせます(カカオバター)。

8・すり鉢ごと湯煎し45度~50度をキープしココアパウダーを少し加え混ぜ合わせる。
(舌で滑らかさを確認しつつすり潰してゆく)

出典 https://twitter.com

9・チョコレートをステンレスのボールに移し替えて冷水などで30度ほどの温度の下げる混ぜる。

10・好みの型に流し込み成型。

11・冷蔵庫で冷やし固める。(30分~3時間)

12・型から取り出して完成

出典 YouTube

最後に

洗う、焙煎する、皮をむく、砕く、すり潰す、混ぜ合わせる、型に入れて冷やす。普段なにげなく食べているチョコレートを作る工程はかなり大変なことがわかりました。100円のチョコレートが気軽に食べられるのも機械化が進み企業努力のおかげなんですね。あらためて感謝です。

さて、手作りチョコを男子は本当に求めているのかと言えば、そうじゃないと思います。心がこもったモノであれば何でも嬉しいそういうものです。なんせ、世の中には何ももらえない男子もいるのですから…。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス