出産を終えた友人や知人にこれから会いに行く予定がある方、是非言葉選びに気を付けてください。産後のママ、特に初産のママは想像以上にナーバスになっているものです。出産で体力消耗してからの、寝不足の日々や育児に対する不安等で気持ちが不安定になっています。以下を参考に言葉がけに注意されることをお勧めします。

『母乳飲ませてるの?』

Licensed by gettyimages ®

母乳かミルクか…8割方と言っていいほど年配の方は聞いてきます。“おっぱいをあげた方がいいわよ”なんて言われて『ほっといてくれ!』と思った方も少なくないと思います。
近年、母乳育児を勧める産院が増えているのも事実ですが、母乳を出したくても十分に出ないママだっています。職場復帰など様々な理由を考慮した上でミルクにしているママもいるでしょう。

自分の経験や主観を軸として考え、産後のママのやる事を否定したり、良かれと思ってするアドバイスも大きなお節介だったりします。古い考えの方や先輩風を吹かせそうな自覚がある方はお気をつけください。

『夜は寝ないの?』

Licensed by gettyimages ®

『よく寝てくれるの?』『夜中寝ないの?』赤ちゃんは昼夜逆転で普通です。自分の子供は夜中よく寝た…という経験から、“あら?あなたの子は寝てくれないのね、可哀想”というニュアンスで言ってくる人がいます。赤ちゃんの性格もそれぞれです。寝不足や初めての育児にストレスを感じているママに、“うちの子はなんで寝ないの??おかしいの?”なんて更なるストレスを増やしてあげないようにしましょう。

ちなみに私の場合、上の子は夜中よく起きましたが、ベビーベッドから添い寝に変えるとよく寝るようになりました。下の子は真逆で“こんなに寝てて大丈夫か?”というくらい昼間も夜もよく寝ていました(笑)ほんとに赤ちゃんによってそれぞれなんだと思います。

『◯◯さんの生まれ変わりね』

Licensed by gettyimages ®

妊娠前や妊娠中に夫婦の実家の家族が亡くなられた場合に特化しますが。
産後赤ちゃんに会いに来られた親戚の人たちがこぞって『生まれ変わりね』『(亡くなった人に)よく似ているわ』なんて言うことも。これが勝手なことに、亡くなった人が自分の家族なら嫌な気分にならない。逆に亡くなった人が配偶者側の家族の場合、その親戚に言われると腹がたつ…。そんなものです。“この子はこの子よ!”と言いたくなりますね。

『かわいそうに…』

Licensed by gettyimages ®

職場復帰などで赤ちゃんをベビーシッターや託児所等の施設に預けることについて『まだ小さいのに可哀想』だとか『私には無理だわ…』なんて言う人がいます。
ママだって、出来ることなら赤ちゃんとずっと一緒に居たいでしょう。様々な事情を抱えて苦渋の決断だったりもします。それを他人が“可哀想”などと本人の前で悲観すると、余計にママの心は痛みます。

『小さい』『大きい』

Licensed by gettyimages ®

赤ちゃんを見たら思わず言ってしまいそうな『ちっちゃーい!』または『結構大きいね!』なんて言う人もいるでしょうか。
もちろん発言する方には悪気はありませんよね。特に『小さい』は“小さくて可愛い”という褒め言葉として言っているかとは思うのですが、これに傷付くママがいることを覚えておきたいです。赤ちゃんが小さく生まれてきたこと、大きく生まれたことを気にしているママもいるのです。

『二人目はいつ?』

Licensed by gettyimages ®

二人目は考えているのか?どんな予定か?など。今ひとり産んだばっかり!次のことなんてまだ考えられないですよね。夫婦の問題でもあるし、ほっといてくれー!と言いたくなります。これを言ってくるのは年配の方、親戚のおばさんに多い気がします。2人目を産んだら『3人目どう?』ってね(笑)『もうええって!』と突っ込みたくなります。

掛けるべき言葉は…

Licensed by gettyimages ®

ではどんな言葉がママにとっては嬉しいのでしょうか。
『よく頑張ったね』と出産したことに対する労いの言葉や『良いお母さんね』と不安なママに自信を与える言葉を掛けてあげると喜ばれるかもしれません。

実はこのリスト、海外サイトを参考にしているんです。

日本でも海外でも同じなんですね。産後のママが嫌な気持ちになる言葉は万国共通なのかもしれません。想像以上に傷つきやすい産後のママに会う際は、言葉選びに気をつけたいものですね。

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら