・「ゲーム機バキバキ事件」

出典 https://twitter.com

バイオリニストの高嶋ちさ子さんが寄稿した2月12日の東京新聞のコラムの内容が物議をかもしているのはご存知でしょうか。

高嶋の家では子どもが平日にゲームすることを禁止しており、週末宿題が終わって時間が余ったらゲームをして良いというルールにしていた。にも関わらず、金曜の夜に長男(小学校低学年)がゲームをしているところを発見、怒り狂った高嶋は「ゲーム機を手でバキバキと折った」という。長男は悲鳴を上げ、すごく落ち込んだとしている。

また、次男(小学校低学年)も、その日はチェロの練習をしていなかったため、「次男の分もへし折って壊しました」とのこと。そして、「自分で働いたお金で買ったゲーム機を自分で壊す気持ち、あなたに分かるの?あなたはゲームが一生できないことを嘆くより、ママからもう二度と信用されないということを心配しなさい!」と二人に怒ったと明かしている。

出典 http://news.livedoor.com

これに、日本中から賛否両論の声がよせられています。

さらに、このニュースから自分の過去の経験を思い出す方がいらっしゃり、子どもの「しつけ」について考えさせられました。今回は2つのエピソードをご紹介します。

1.親にゲームは壊されなかったが、逆に親のあるモノを壊した

まさか、親が子供のおもちゃを壊すのではなく、子どもが親のおもちゃを壊した!?

「伸びた爪は切らなければ」と律儀に母親に教えてもらったことを守ろうとする子供が可愛いです。そして、悲しいお父さんがグッと怒鳴るのをこらえているのも凄く共感ができる。

・笑った

子どもが親の何かを壊してしまうこと、あるある。でも、十体もやり遂げてしまった彼はちょっとやりすぎ!笑

・子供って正しいと思って間違ったことをしてしまう生き物

幼い子どもは何が正しいか、間違いなのかまだ分からないですよね。こういったショックな間違いをしてしまうこともあります。

・お父さん優しい

優しい父親すね…。器の大きいお父さんです。

・できた父親すぎる

普通なら、絶叫するところです。逆に、親にゲームを壊された子供も絶叫モノです。お互い大事なものを壊されるのは嫌ですよね。

・本当の子供への叱り方

頭ごなしに怒らなくても、子どもには「これはやってはいけないことだったんだ」と伝わるでしょう。

2.親にゲームは壊されなかったけど、親にゲームを預けたら…

お父さん…!

・マリオカートのタイムアタックとは…

出典 https://www.nintendo.co.jp

「マリオカート」とはゲームの名称。マリオとその仲間たちががレーシングカートやオートバイに乗って多彩なコースでレースを楽しむゲームです。その中で「タイムアタック」という遊びは一人きりでプレイするときのモード。自分との勝負です。いかにゴールに早く辿り着くかスピードをひたすら追求します。
タイムアタックで遊ぶときは、コース上に自分の自己ベスト記録が残像(ゴースト)となって画面に現れるのが特徴です。ゴーストを抜かせば新たな自己ベストの誕生です!

今回のツイート主さんの場合、このゴーストがいつの間にか、父親のプレイ記録になっていたということになります。

・面白すぎ

お父さん、息子のタイムアタックの記録を軒並み塗り替えてゲームを返すなんて発想が天才的。やり手ですね!カッコよくてとても面白いです。

・いい育て方

この親の行動に感心する人が多くいました。

・ゲームが上手い親なんて素敵

普通の親は「ゲームせずに勉強しなさい」というところを、ゲームに理解がある親なんて素敵です。

・息子よ!俺の背中を見て育て!

きっとお父さんは「俺の背中を見て育て。そしていつか乗り越えろ」と言いたかったんでしょう(本当かよ)

・ゲームを通しての大人の凄さを伝える父親

「お前なんぞまだまだ俺の足元にも及ばんっ!」ということをゲームで教えるお父さんが、逆にかっこよすぎる。

・似たような海外の実話が泣ける

子どもは親の背中を見て育つのですね…。そして、いつまでも憧れの存在であってほしいのです。

・いかがでしたか。

Licensed by gettyimages ®

子どものしつけは十人十色。色々な育て方があるかと思いますが、今回ご紹介したエピソードは素敵な親だな…としみじみ感じられました。皆さまはいかがでしたでしょうか。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス