最近Twitterにて、「iPhoneの日付を1970年1月1日に設定すると(動作が)かるくなる」といったかなり悪質なデマが流れています。絶対に設定してはいけません。

実はiPhoneの日付を「1970年1月1日13時00分」にして、再起動すると使用できなくなるという恐ろしいバグが発見され話題となっています。しかもこのバグの発生後、使えるようにするにはApple StoreのGenius Bar(ジーニアスバー)へと持ち込まないと直りません・・・・・

恐ろしい・・・・

Apple StoreのGenius Barとは

Apple StoreのGenius Barとは、簡単に言えばサポートカウンターのことです。Apple製品にトラブルを抱えてしまった場合、トラブルの解決まで適切な修理や交換までを実施してくれるApple製品ユーザーにとっては実に頼もしい存在です。ジーニアスとは天才という意味で、その名の通り、アップル製品の問題を魔法のごとく解決してくれます。

悪質なデマまで拡散しているiPhoneのバグとは

今回発見されたこのバグは、iPhoneの『設定』にて「日付と時刻」の自動設定をオフ。その後に日付を1970年まで遡らせることで発生するそうです。超簡単なだけに恐ろしい・・・・

実際に試している動画もアップされています。

出典 https://youtu.be

英語表記ですが、皆さんがお持ちのiPhoneと一緒です。

出典 https://youtu.be

日付のところを1970年1月1日に設定。

出典 https://youtu.be

そして再起動します。

出典 https://youtu.be

もうこの画面から動きません・・・・・・

今回発見されたバグ。たとえ試したくなっても下の動画を見るだけする事をオススメします。簡単には自分では修理出来ません・・・

そして、今回のバグを利用して「この設定でiPhone軽くなる」という悪質なデマが拡散され実際にiPhoneが使えなくなってしまったという人も多く現れています。酷い!!

iPhoneユーザーの皆さんご注意を!!

出典 YouTube

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

takeshi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス