不意に怪我をしてしまった際、傷を応急処置する際の絆創膏などを持ち歩く方も多いと思います。ただ、Twitterユーザーの「 (@zgnivvvi)」さんは、仕事中に指を大きく切る怪我をしてしまいましたが、その時は絆創膏を持ち歩いていなかったようです。

出典 https://twitter.com

作業用の手袋が裂けて、肌に到達してしまうような切り傷。

急ぎ駆け込んだ先は「ファミリーマート」

Licensed by gettyimages ®

絆創膏を買うために駆け込んだらしいのですが…、その場での店員さんの行動が神対応だったと報告されています。

その一部始終を伝えるツイート

出典 https://twitter.com

手当後の写真。痛々しいですが、売っている場所を教えてくれるわけではなく、おもむろにお店の救急箱から絆創膏を出し、さらに手当てしてくれるなんて、なんて素晴らしい対応なんでしょうか。

この店員さんの対応に賞賛の声

Licensed by gettyimages ®

その後のツイートを見ていると、店員さんは18歳ぐらいの男性だったとのこと。商売としては絆創膏が売っている所を教えるのが正しいと考える方もいるかも知れませんが、こういった温かいやり取りを聞くと、まだまだ世の中捨てたもんじゃないと思いますね。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス