誰しもが作った経験があると思しき水ふうせん
わたくしが子供の頃、ちょいワルな子供たちがマンションの屋上から地上に投げ狂っていた記憶が御座います。

その水ふうせんなのですが、なんだかんだいいまして水を入れ終えた後、口を結ぶのが大変でしてその煩わしさからか、徐々に水風船から遠ざかっていったような気がします。

◎一瞬で37個の水風船を作れちゃう?

◎バンチオーバルーン

Bunch O Balloonsは、37本足のタコの足先に風船がくっついたみたいな形をしてます。タコの頭部分をホースの先にくっつけて水を出せば、37個の風船が同時に、あっという間にふくらんでいきます。十分ふくらんだらちょっとシェイクすると風船がタコから分離して、風船の口はそれぞれゴムで勝手に閉まるので手で結んだりする必要はありません。

出典 http://www.gizmodo.jp

動画を観ましたが、子供でも一瞬にして37個の水風船を作っておりましたね。
特筆なのはやはり、「水ふうせん」の口を結ぶ必要がないところでしょうね。

◎このマシーンを使えば1分間に100個つくることも可能

出典 YouTube

本当に「あっ!」という間ですね!

お父さんがこれを使って大量の「水ふうせん」を作れば、子供達の人気を「一人占め」できること間違いないでしょうね。

◎日本では「タカラトミー」から3月に発売予定

最近では、水風船を投げ合う「水風戦」なる球技が人気のようで、その時に活躍しそうな玩具がこの「Bunch O Balloons(バンチオーバルーン)」(2016年3月発売予定)。価格は1,380円(税別)。これは35個の水風船が1つの束になったもので、蛇口にセットして水を流すと、それぞれの水風船が同時に膨らんでアッという間に完成する。しかも水風船を結ぶ必要がなく、膨らんだあとで本体をプルプルと揺らすだけで勝手に離れて、水風船ができあがる。暑い夏の日に水風船で楽しみたい時にピッタリなアイテムだ。

出典 https://mag.kakaku.com

「水風戦」なる球技、初耳ですがなんとなく想像がつきますね。
この商品が発売されれば、「水風戦」がブームになるかも知れませんね。

◎水風戦とは?

子供のころに誰でもやったことのある… 水ふうせん。ビショビショになりながら、必死に投げ合ったり…、上手く作れずに苦労したり…震災ボランティアで訪問した福島の小学校でボランティアが持ち込んだ水ふうせんで大人も子供も楽しげに駆け回る光景に出会いました。
水ふうせん遊びなら、みんなが笑顔になれて、一つになれる。そんな確信から、ルールを作り、「水風戦」が誕生したのです。福島で生まれた「水風戦」が全国に広まれば、「水風戦」をするために、福島に来る人が増えるかも、復興や風評被害を払拭することにつながるかもしれないといった声も聞かれるようになりました。

出典 http://japan-ma.com

想像通りの競技ですね。
球技とのことですが老若男女はるな愛、どなたにでも楽しめるスポーツ遊戯だと思います。
夏のシーズン限定となるでしょうが、小学校でクラス対抗戦などが催されたりしたら楽しそうですね。
この球技、勝敗の基準はよく分りませんが、そういう部分が曖昧なほうがよい競技のような気がします。

「水風戦」はさておき、こちらの商品「バンチオーバルーン」この夏、日本で大ブレーク必至のアイテムだと思われます。

まだ肌寒い季節では御座いますが、夏へむけていまから要チェックですね!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス