息を吹きかけただけで壊れてしまいそうなほど…緻密で繊細な鉛筆彫刻アート。制作したのは、台湾を拠点に活躍する彫刻家“李健竹(chien.chu.lee)”さんでして、世界中に存在する鉛筆彫刻家たちの中でも、緻密さでは群を抜くと言われる李健竹さんの作品は、どれも目を疑うほどの…極小作品ばかりなんです。

コチラは、シャープペンシルの芯にA~Zまでのアルファベットを彫った、李さんの代表作なのですが、0.9mmでも奇跡なのに、0.5mmにもきっちりとA~Zの文字が!これは手先が器用ってレベルではありませんよね。

また、↑の動画のように、他の鉛筆彫刻家とは一線を画す

緻密さに“動”をプラスした作品

も数多く手掛け、その名を世界に轟かせてきた李さん。では、鉛筆彫刻アーティストの中でもTOP3に入る逸材と言われている李さんの作品。一挙にご覧下さい!

動く鉛筆彫刻アートは必見です!

いかがでしたか?

作品によっては、呼吸でさえも調整し、彫っていくという…神業レベルの鉛筆彫刻アート。これは天晴れとしか言い様がありませんね。

器用を超越した李さんの鉛筆彫刻アート。なお、彼のInstagramには、まだまだたくさん驚きの作品がアップされていますので、興味を持った方は李さんのInstagram。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス