アフリカ西部に位置するナイジェリア連邦共和国、通称ナイジェリアはアフリカ最大の人口を擁する国として知られています。このナイジェリアで「魔女狩り」が行われていることをご存知でしょうか。

「魔女狩り」と聞くと中世を思い浮かべてしまいますが、昔話ではなく、ナイジェリアでは子供の中に潜む魔女に対しての制裁として、子供を虐待し殺害したり、また捨てたりという悲惨な出来事が相次いでいるのです。では、どうしてそもそもこの魔女狩りが行われるようになったのでしょうか。

過去10年間で迷信が強くなった

Licensed by gettyimages ®

魔女狩りが行われる理由は一つではありません。その家族に死人が出た、もしくは結婚生活がうまく行かなかったなどの理由付けとして、家族の中のある子供がターゲットとなり「この子の中に潜む魔女のせいだ」と迷信を信じる人たちによってその子供は虐待されるようになるのです。

魔女狩りで行われる「処刑」を免れた運のいい子供たちは、避難所で生活しています。そこには腕を失った子供やなたで斬り付けられた傷を頭に持つ子供が暮らしているのです。

ナイジェリアは、多くのアフリカの国がそうであるように昔から呪術信仰の歴史が古い国ですが、子供たちが魔女狩りの対象になるということはこれまでなかったこと。ところが、宗教がイスラム教とキリスト教に分かれているために、その対立に子供が犠牲になっているのではという意見もあるのです。

映画「エクソシスト」にもあるように、キリスト教の牧師が少女の中の悪魔を祓うといった行為がナイジェリアでは「魔女狩り」となっているのではないかという専門家もいます。つまりは、過激キリスト教の思想により子供たちがその迷信の犠牲になっているのです。

嘘だとわかっていて、金儲けのために魔女狩りをする牧師も

出典 https://www.youtube.com

信心深い地元民を言いくるめるには、宗教の力が一番ということをわかっている牧師が、金儲けのために「この子は魔女なんかではない」ということを知っていながらも魔女に仕立てて魔除けをした家族から金を巻き上げると言った詐欺行為も存在するナイジェリア。
何の罪もない子供たちが「魔女」と言われ、虐待を受け、命まで奪われているのです。

一人のアフリカ支援団体女性スタッフが訴える

出典 https://www.facebook.com

今回、3年間ナイジェリアの「魔女狩り」の現状を追求してきたアフリカの子供支援団体スタッフのオランダ人アンジャ・ローヴェンさんはFacebookに一人の男の子の写真を投稿。「魔女狩り」の被害者であるこの男児は虐待の後捨てられ、アンジャさんたちが会った時には飢えで痩せ細っていました。

希望を込めて「Hope」と名付けた

出典 https://www.facebook.com

ホープと名付けられた男の子は無事保護され、数日後には容体も落ち着いたそうです。アンジャさんは自身のFacebookでこう綴りました。「だから私は子供たちを救うことを止めないんです。自分の身の回りのもの全てを売り払ってでも、ナイジェリアの子供たちに救いの手を差し伸べたい。」

背景に何があったのかという詳細はわからなかったそうですが、こんな幼い子供が「魔女」だと批判され虐待され、捨てられるという悲惨な出来事がナイジェリアでは頻繁に起こっているのです。

社会的危機に瀕しているナイジェリア

Licensed by gettyimages ®

10年前まで起こっていなかった「魔女狩り」が今や頻繁に起こっている背景には、もはやナイジェリアの「産業」とまで言われている宗教と、庶民の無知、貧困などが複雑に絡み合っているのです。

呪術を信仰している人が多いアフリカでは、その歴史を重んじ迷信を尊重する人がいます。迷信を信じるのは日本でもあること。でもそれに何の罪もない子供を巻き込むのは赦せることではありません。

筆者が思うのは、こうした「魔女狩り」が増えているナイジェリアでは、ひょっとしたら政府の役人も宗教上層部と組んで見て見ぬふりをしているのではないかということ。通常ならばこういう形で子供たちが犠牲になれば、過去10年の間に何らかの改善があっても良かったのではと思うのです。

ナイジェリアは現代の「魔女狩り」のせいで、今や社会的危機に瀕しています。キリスト教の支配下に生きるよりもイスラム教徒として生きたほうが安全だとまで言われるナイジェリア市民。

子供が泣けば「その子は悪魔の使いだ」と言われ、キリスト教の洗礼と称して子供を虐待する。こんな非常識な社会を赦していいはずもなく、今日も世界各地のNGO団体がナイジェリアの子供を救うべく奔走しているのです。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス