記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
乳がんは日本で今、急増しているがんの一つです。1年間に約4万人もの人が乳がんと診断されています。 ピンクリボン運動などで正しい知識を広める動きはありますが、乳がんで亡くなる方は年間1万人以上、この50年間で5倍以上に増えているといわれています。

なぜ、乳がんは増えてきているのでしょうか? 今回は乳がんの原因と防止法について、医師に聞いてきた話をお伝えします。

乳がんの原因となるエストロゲン濃度

乳がんの原因としては、ほかのがんと同様、遺伝子異常の関与が考えられています。さらに乳がんが発生したり増大していく過程では、女性ホルモンのエストロゲンが大きな原因となることが知られています。今までに発見された乳がんの危険因子は、身体の中のエストロゲン濃度を高くすることと関連しているものが多いのです。

1. 月経や出産歴
初潮が低年齢、閉経が遅い、出産をしたことがない、高齢出産、出産歴はあっても授乳をしたことがない

2. 家族歴
近親者が乳がんや、良性の乳腺疾患にかかったことがある

3. 体格
背が高い、閉経後太った(反対に閉経を迎える前の乳がんは、肥満のリスクを下げると考えられている)

4. 放射線
マンモグラフィーを短期間に何度も受けること

5. 生活習慣
運動習慣によりリスクが下がる、飲酒によりリスクが上がる、食事習慣の偏り

特に乳がんと食事との関連については注目されています。

・欧米では乳がんの発生率が日本より高い
・この50年間で食生活の欧米化が進んでいる

特に乳製品や脂肪や食物繊維の摂取、またイソフラボンを含む大豆製品の摂取などが乳がんのリスクと関連するのではないかといわれていますが、今のところ確実ではないようです。

乳がんを防止するために

乳がん防止に大切なことは、がんや他の生活習慣病の予防と同様です。

1. バランスの良い食生活
特定の栄養素のサプリメントなどに頼り過ぎないこと
2. 規則正しい生活習慣
3. できるだけストレスを溜めない生活

忙しい毎日のことですから完璧に行うことは誰にとっても非常に難しいことですが、少し食べすぎたら翌日は軽い食事をとる、イライラするな、と思ったらスポーツでストレス解消をする、なるべく深酒はしない、といったことを心がけるだけでも、十分乳がんの確率を下げる可能性があると思います。

≪しこりや違和感、ありませんか?≫
【乳がんリスク】チェック

医師からのアドバイス

乳がんは、早期発見が要です。この記事に書かれた予防法等をしっかり守ったうえで、ある程度の年齢になったら、面倒くさがらず検診は欠かさず受けましょう!

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス