先日、出産写真を専門に撮影するプロカメラマンたちの組合『IAPBP(The International Association of Professional Birth Photographers)』による写真コンテストが行われ、2016年の最優秀賞、及び、優秀賞の発表が行われました。

毎年行われているこのコンテスト。なお、2015年度は、審査基準が『専門性・感性・構図』だったのですが、今回は『出産・分娩・出産後』という…かなりストレートな審査基準へと変更され、その結果、2015年度に比べ、より生命を感じられる作品がたくさん集まりました。

では、言葉で言い尽くせない…心打たれる優秀作品の数々。どうぞご覧下さい!

最優秀賞

出典 http://birthphotographers.com

撮影:Marijke Theon

『Labor(出産)』部門優秀賞

出典 http://birthphotographers.com

撮影:Apple Blossom Families

『Delivery(分娩)』部門優秀賞

出典 http://birthphotographers.com

撮影:Birth Blessings Photography & Childbirth Services

双子の出産の様子を撮影。

Postpartum(出産後)部門優秀賞

出典 http://birthphotographers.com

撮影:Natalia Walth

いかがでしたか?

実は、他にも特別賞など、多数の優秀作品があるのですが、先程も述べました通り、今回の作品はとても衝撃的な写真が多く、神秘的で生命を感じる素晴らしい作品ではあるものの、アップ出来ない写真がたくさんあります。

紹介できない事が非常に残念なのですが、最後に紹介するIAPBPのHPにより、全ての作品を見る事が出来ますので、今回は私が抜粋した…心に響く出産写真の数々。一挙にご覧下さい!

後半の写真12枚は、惜しくも賞に選ばれなかった作品たちですが、どれも感動的であり、魂を揺さぶる作品ばかり。これは作品全てに優秀賞”を与えてるべきのような気がしますね。

生命誕生の神秘、尊さが伝わる…素敵な写真の数々。なお、衝撃的な写真を含め、紹介しきれていない作品は『IAPBP』のホームページで見る事が出来ますので、生命をリアルに感じる写真をご覧になりたい方は、IAPBPのHP。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス