2015年頃からその主題歌が再度脚光を浴びはじめている”月9ドラマ”。家入レオ「君がくれた夏」やback number「クリスマスソング」など、起用された楽曲はいずれも配信チャートで連日1位を記録しており、やがてドラマを見ていない層も巻き込んで、多くの人に聴かれるその年のヒット曲へと成長しています。

そして2016年、今年最初の月9ドラマとして発表されたのが『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。有村架純さんと高良健吾さんによる本格派の恋愛ストーリーで「珠玉のテレビドラマ」として評価の高いこの作品からも、今新たにその主題歌が、ヒットの道を進み始めています。

手嶌葵「明日への手紙」

今回主題歌を担当しているのは歌手の手嶌葵さん。2006年のジブリ映画・ゲド戦記でテーマソング「テルーの唄」を歌っていたことで、彼女の名前を覚えたという方も多いのではないでしょうか。

今年月9ドラマの主題歌になった「明日への手紙」は元々、彼女が2014年に発表したオリジナルアルバム「Ren'dez-vous」に収録されていた楽曲。その歌詞や切ない歌声が故郷から一人東京に向かう主人公の人生と重なるというドラマ側からの依頼により、手嶌さんが快諾し、今回改めて発表することになりました。

ミュージックビデオとジャケット写真にはドラマの世界観そのまま、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で主人公の女の子を演じている有村架純さんが登場していることも、作品の完成度をグッと高めています。

出典 YouTube

2月にシングル楽曲として改めてリリースされた「明日への手紙」は、2月10日付けのオリコンデイリーランキングでトップ10入りを果たしただけでなく、配信ストアで高い支持を獲得。実際にレコチョクやiTunes Storeでは相次いでデイリー1位を記録しています。

<2016年2月11日付けのレコチョク デイリーシングルランキング 1位>

出典2016.2.12 / レコチョク シングルランキング(デイリー)

<2015年2月13日のiTunes Store トップソング 1位>

出典2016.2.13 / iTunes Store(総合チャート)

…2月12日放送のミュージックステーションには手嶌葵本人が出演し、この「明日への手紙」を歌うことも発表されています。

2016年最初の名曲に、テレビで、街で、お店で、ぜひ一度耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス