記事提供:カラパイア

偉大なるアーティスト、デヴィッド・ボウイがこの世を旅立ったのは2016年1月10日のことである。彼は去ったが彼が残したものは後世に受け継がれることとなるだろう。

彼は音楽だけでなく、画家としても活動していた。上の絵はデヴィッド・ボウイが描いた自画像である。

オーストリアの画家、エゴン・シーレからの影響を公言しており、他にもアイルランドの画家フランシス・ベーコンやフランシス・ピカビア、フランク・アウエルバッハ、デヴィッド・ボンバーなどの影響を受けていたという。

1. ベルリンの子ども-1977年

2. 自画像

3. ベルリンの風景とJO-1978年

4. スケッチ

5. 自画像-1978年

6. ディーヘッドシリーズ

7. ディーヘッド 2

8. 祖先

9. 祖先2

10. ドライヘッド ケープタウン-1995年

11. (Evol For The Missing)‐1996年

12. 私は世界チャンピオン

13. JOの肖像-1976年

14. スクイーズ2000-1996年

15. トルコ人の父子-1978年

16. スケッチ

17. 自画像

18. スケッチ

19. スケッチ

20. すべての背景にある男

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス