超がつくほどのキャバクラ好きの先輩

出典私の撮影とイラスト

記事提供 がんばれ熊さん

20歳のころ墓石販売の営業をしていました。

今から考えたら、いい仕事でした。数ある営業の中でも墓石の営業は口下手でも真面目に伝えることが出来れば、それなりに出来る仕事だと思います。なぜなら、必要な人を相手にするからです。そこの会社で、私はある先輩に可愛がられました。

先輩は超がつくほどのキャバクラ好きでした。ちなみに26歳で独身。本人に確認したわけではないのですが、恐らく、もてない歴も26年だったと思います(汗)。ちなみに私はその時、もてない歴20年でした。性格の悪い私は、心の中で思いました。

「6年間、私の方が救いがある」と。

先輩は私をキャバクラに誘ってきたことがあります。しかし、私は断りました。お金をむしり取られる危険な場所だと思ってたからです。お金を出したら、モテモテになる場所。きっと楽しいと思います。しかし、所詮は金の力です。自分の魅力ではないと思うのです。そんな所に行くと、私も先輩のようにもてない歴26年になると思ったのでした。

それに、私は一日でも早く、会社で仕事の出来る男になって、そして可愛い後輩女子社員から「先輩、彼女いてるんですか?」と聞かれる予定でした。その予定は予定のまま終わってしまいましたが(汗)。

私は先輩のキャバクラの誘いを、このように断りました。

私 「僕、ああいうところ苦手なんです。何しゃべっていいのか、分からなくて疲れます」

先輩 「何を言ってるねん。相手はプロだから、無口でもちゃんと相手してくれるんや」

私 「いや・・・っていうか僕みたいなやつが行くとおかしくなると思うんです」

先輩 「何が?」

私 「そのーつまり、クセになって仕事どころじゃなくなると思うんです」

先輩 「お前、分かってないなーキャバクラは仕事に生きてくるねん」

私 「ホンマですか?」

先輩 「俺が言うんだから間違いない。プロの接客を味わって営業の仕事に生かすことが出来るんや」

そのように、何度か断ると、誘ってこなくなりました。しかし、先輩とは男同士で飲みには行きました。その先輩は私以外にもう一人の後輩を可愛がっていました。私と同期の男でした。その彼がある日、営業部から総務部に異動になりました。

同期の彼の異動を羨ましがる私

出典私の撮影とイラスト

彼が異動になった総務部は年配の部長と課長以外は全員女性だけという部署でした。

恐らく女性社員が10人以上は、いてたと思います。その彼を仮にA君とします。A君も私と同じで、もてない歴20年でした。私は嫉妬しました。「くっそーいいところに行ったな。若い男が一人も今までいなかった部署で羨ましいな」すると彼は「そうでもないよ。逆に居心地は悪いよ」と返しました。

しかし、もてない歴に終止符を打つ絶好のチャンスだと思った私は、出来れば代わってほしいと思いました。彼が総務に異動になった理由は会社の中で、営業成績が一番悪かったからだと聞きました。

ちなみに私は2番目に悪かったのでした。あとちょっとで私が、その女性だらけの部署に入れたのに・・・・後悔先に立たずです。しかし、そんな彼に不幸な出来事がありました。ある日、彼が出勤して机の上にある1枚の紙に驚いたそうです。

出勤してきて、この様な用紙が机の上にあったら驚きますね

出典 http://www.photo-ac.com

それは退職届の用紙でした。

あとは名前を書いて、印鑑を押して提出するだけの用紙でした。この用紙を置いたのは彼の教育係をしていたK子さんでした。K子さんは男性社員から評判が良くありませんでした。話し方や態度が実におっさんぽい感じでいつも不機嫌そうな表情で、とっつきにくい感じの女性でした。

しかも、社内のマドンナA子さんと同期でした。このマドンナA子さんは飲みに誘うと、すぐについてきてくれると男性社員から評判でした。しかし、A子さんを誘ったら必ず、K子さんがコバンザメの様についてくるんだそうです。

A子さんを狙うオオカミから守る。まるで守り神のような、おやじレディーでした。こともあろうに、このK子さんにA君はセクハラをしたそうです。どんなセクハラ?聞いて驚きました。他の男性社員が、うっかりあることについて口を滑らせたことでセクハラ認定されたのでした。

A君のスケベ心をK子にばらす男性社員

出典 http://photo-ac.com

A君は、事務の仕事を、なかなか覚えられず。そんな彼をK子さんは、厳しくいつも叱っていたそうです。その叱られた腹いせなのか?A君は叱られるたびにK子さんのスカートの下から見える足を、横目でジロジロ見て、さらに、襟元から見える肌をジロジロ見て興奮することによって、ストレスを解消してたんだそうです。しかし、このことを言った相手が悪かったのです。

社内でも、口が軽いと評判のMさんに「ここだけの話ですよ」と言ってしまったそうです。Mさんは、会社の飲み会で、K子さんに近づき、このことを面白おかしく、しゃべってしまったのです。これに対してK子さんは大激怒。

「ウチをそんな目で見とったか?気持ち悪ー」

A君は上司に呼び出され会社を辞めることになりました。セクハラは性的いやがらせです。性的いやがらせで、すぐに思い浮かぶのは男性が女性の体を触ったり、性的な関係を迫ることです。だから世の男性は職場での女性に対する言葉には慎重になっています。

しかし、男同士の会話では、気がゆるんで、ついついスケベな話をしてしまうことがあります。男同士だからいいだろうという考えは危険が伴うのです。それは、男を裏切る男が世の中には存在するからです。A君の失敗はまさにそれでした。スケベな言動は女性の前では封印すべきであり男同士でも注意が必要なのです。

さて、問題はこれからです。A君はキャバクラ好きの先輩に可愛がられていました。ちなみに私とも仲が良かったです。だから、ないしょで、送別会をしました。その時の先輩の言葉に考えさせられました。

A君に対する先輩の言葉に一理あると思ったこと

出典私の撮影とイラスト

私はA君に疑問をぶつけました。

総務にはマドンナのA子さんがいました。「なぜ、A子さんじゃなく、K子やねん?」「お・・・おかしくなったのか?」A君は「いや・・・俺も最初はA子さんだったけど、K子さんにいつもそばで、仕事を教えてもらってるうちにA子さんはハードルが高いけどK子さんならいけるかも?その感情がいつのまにかK子さんこそ、俺の運命の女性だって思うようになったねん」

それを聞いた先輩は「もうちょっと、早く俺に相談してたら、救ってあげれたのに・・・」「大体、お前たちA子がいい女って言ってるけど、はっきり言ってA子なんて大していい女じゃないぞ」先輩の言葉に私は驚きました。もてない歴26年なのに、とんでもないことを言う人だと思いました。

しかし、その後の先輩の言葉を聞いて納得しました。「お前たちは外の世界を知らなさすぎるんだよ。確かに会社の中。狭い世界の中ではA子はいい女に見える。さらに、あのK子をいい女だと思うのも狭い空間で、そばに近づかれたからだ」

「女には、色気というものがあるのを知ってるか?この色気というものは男の正常な判断を狂わせるものなんだ」

「そうならないためにキャバクラは必要な所なんだよ。キャバクラには、A子の何倍もいい女が山ほどいてる。A子の100倍の色気を放ってる女だ。その色気をあえて浴びにいくんだよ」

「インフルエンザにかからないようにワクチンをうちに行くのと同じ理屈だ」

「お前達はキャバクラに行くとおかしくなるかも知れないと言ってるけどそれは違う。キャバクラには、いい女がいっぱいいてる。その、いい女と接する事で職場、日常生活で男として正常な判断を下せるようにする場所だ。会社の女の、つまらない色気に惑わされて人生を棒にふる。そうならないためにもキャバクラは男を正すためにあるんだ」

先輩の言葉に一理あると思いました。

ただ、一理あると思うのですが、全てが正しいとは感じませんでした。あくまで、一理あると言うことです。女性の色気に対する免疫をつけるという観点からは一理あると思うのですが、日常的に通い詰め、そこから抜け出せなくなるほどの中毒になるのも考えものだと感じたのです。

そして、それまでキャバクラに対して百害あって一利なしと思っていた私に、考え方次第では、自身を良い方向に導くことがあるのだと知りました、

最後までお読み頂き有難うございます。私のブログ「がんばれ熊さん」もよろしければ見に来てくださいね。

↓  ↓  ↓

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス