東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを中心とする東京ディズニーリゾートを経営・運営する株式会社オリエンタルランドが、2016年2月8日に、4月1日から入園料を引き上げると発表しました。

東京ディズニーランドか東京ディズニーシー、いずれかの施設で一日中遊べる「1デーパスポート」が、従来より最大で500円値上がり、大人は7,400円になります。

この値上げは2014年から3年連続となっており、今回の発表を受けてネット上では「つらい」「行きにくくなる」などの悲鳴が続出しています。

ちなみにこちらが過去の値上げ状況。

1983年/3,900円
1985年/4,200円
1989年/4,400円
1992年/4,800円
1996年/5,100円
1997年/5,200円
2001年/5,500円
2006年/5,800円
2011年/6,200円
2014年/6,400円
2015年/6,900円←いまここ
2016年/7,400円←もうすぐここ

こちらが価格改定一覧

出典 http://www.tokyodisneyresort.jp

がっつり値上がりしていますね…。

値上げの真の狙いは…?

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

この度重なる値上げ、同社は「アトラクション整備や、パレードの充実で入園者の体験価値を向上させるため」としています。

アトラクションの整備ってことは、待ち時間が解消されるって意味もあるのかな?たしかに、ここ数年はいつ行っても長い待ち時間に悩まされていましたからね…。

こんなツイートもありましたね。

たしかにこれだと何を楽しみに行ったのかが分かりませんね…。

カップルの間では、「はじめてのデートでディズニーランドに行かない方が良い」なんて都市伝説(?)じみた噂もあるくらいなんです。

こんな考察も。

要するに“値上げしてでも来てくれるゲスト”に対して、よりクオリティの高いサービスを、ってことですかね?

面積が決まっている以上は、今以上に来園者を増やすのは難しいうえに、現時点でも入場制限がかかることがあるディズニーリゾート。混雑状況によっては当日券が販売中止となって、入場すら出来ないなんてこともあります。

そんな状況の中の度重なる値上げ。今回の値上げによって来園者数が3割減ったとしても、全体の全体の売り上げは上がるという専門家の声もあるようですからね。

Twitter上でも様々な声が上がっています

そういうことかもしれませんよ…。

10年前と比べるとかなり値上がりしていますからね…。家族みんなで行くとなると…。

え…香港行くよりも高いの…?

新たなコンテンツに期待する声も。

やっぱりこの辺りが重要なようですね。

ある意味ほんとに夢の国ですね…。

値上げしても行く人がいるわけなんですよね…。

こんな純粋な意見も…(泣)

ミッキーの給料上がるといいね…。

実際に問い合わせた方もいました!

なんだか納得してる上に、元気になってますね。

なんだかんだありますが、それでも日本のディズニーリゾートは、まだ世界一安い入場料で運営しているのも事実。逆に考えると、まだ値上げする余地があるとも取れますが…。

さ、何はともあれ、近々行こうと思っていた方は、値上げする前(3月末まで)に行かないとですね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス