記事提供:Techinsight

指原莉乃がHKT48で20歳以上となるメンバーと初めてお酒を酌み交わしたことをツイッターで明かしている。その際に“まりり”が酔っ払って転んでしまったというが、その後大丈夫だったのだろうか。

現在23歳で日本酒のCMにも出演を果たした指原莉乃。HKT48でも成人したメンバーが増えて一緒にお酒が飲めるようになった。2月4日に『指原莉乃(345__chan)ツイッター』で「HKT大人メンバーで初めてお酒をかわしてみた」とつぶやいている。

この日はHKT48劇場で『ひまわり組「ただいま 恋愛中」公演』が行われていた。指原は「公演終わりで合流のまりりが10分で勝手に酔っ払って転ぶ事件起きてて帰りたい」「まりりをトイレに迎えに行ったら一人で笑ってたのが本日のハイライト」と明かす。

“まりり”こと山田麻莉奈も20歳なので、公演後に参加した。

彼女は翌日『山田麻莉奈 Google+』で「おはよーっ。起きたらすごくおしりが痛かった。なぜだ」「そうだ。きのう思いっきりお尻からこけたんだった」と証言しており、指原のツイートと一致する。

まりりによると、唯一の女性マネージャーが辞めることから、指原、まりり、らぶたん(多田愛佳)、キャップ(穴井千尋)、尾崎充劇場支配人らと送別会を開いたらしい。

酔っ払って尻餅をつき、トイレで笑っていたまりりだが「ちゃんと記憶はありますよ!大丈夫です!」と安心させた。彼女は1月27日に20歳となったばかりの穴井千尋が意外と飲めていたことに驚き「わたしももっと強かったらなあ」と羨ましそうだ。

2012年11月21日に20歳となった先輩の指原莉乃は、その年の12月末に『笑っていいとも!年忘れ超特大号』の打ち上げで酒癖の悪さを露呈

泣き上戸となり、香取慎吾や千原ジュニアに「お金が欲しいんです!」と絡んだ上にそのことを全く覚えていないという。まりりら後輩たちには見習わないで欲しい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス