記事提供:いいモノ調査隊

いきなりですが、愚痴を言ってもいいでしょうか?主婦である筆者が、毎日の家事で一番面倒だな~と思っているものが洗濯です。何度も洗濯機を回す時間はないのに、汚れものは毎日出て、洗濯物は一向に減りません。洗濯機を回して、干して、たたんで…。

毎日やってもやっても、また新たな洗濯物がでてくるのでゴールが見えません。洗剤だけ入れてボタンを押せば全自動で洗っててくれるので、ひと昔前よりは確実に家事も楽になっているのは間違いないのですが。

元来無精者なので、少しでも毎日の洗濯を楽にしようとお助けアイテムを発見しちゃいました。洗濯用品Kogure(コグレ)シリーズの「そのまま洗えるランドリーバスケットネット」です。

その名のとおり、洗濯物を入れる洗濯かごとして使えるだけじゃなく、そのまま洗えるのです。大きさは40cm×50cmと、エコバッグほどの大きめサイズ。なんとTシャツが12枚も入ってしまうのだとか。

そのまま洗えるランドリーバスケットネット。

スーパーでもらう大きめの袋ほどの大きさですが、メッシュ生地なので、小さく畳めばコンパクトになります。

要は洗濯ネットなのですが、ネットの中は3つに仕切られていて、たとえばシャツ、パンツ、靴下など分別しながらまとめて一度に洗うことができます。

洗濯物を入れると自立するので、ランドリーバスケットとして服を脱ぎながら分別してこれに入れればいいというわけです。

普通は洗濯かごに入れられた洗濯物を、洗濯する直前に分別してネットに入れる方が多いと思うのですが、そのひと手間を解消してくれます。

洗濯の際にはファスナーを閉めてそのまま洗濯機へ。目の大きな3層メッシュの生地で洗剤をとおし、補強クッションで洗濯物の衣類を守りながら洗うことができます。

持ち手が付いているので持ち運びもラクラク。出し入れしやすい幅広の開け口で、旅行中の洗濯物入れとしても使えます。旅行から帰ってきてもネットごとそのまま洗濯できるので便利です。

洗濯物を入れると自立するので、洗濯物が溜まるまでは洗濯かごとして使います。

洗濯物がたまったらファスナーを閉じてそのまま洗濯機へ入れるだけ。

ランドリーバスケット以外にも、下着用、ハンカチ・小物用・おしゃれ着用などサイズや用途に合わせて洗濯ネットシリーズが全部で10種類あるそう。ひと手間省ける上に、洗濯物を洗いながら保護してくれるなんて。まさに主婦必見のお助けアイテムですよ。

干す時は両端のタグの部分を洗濯バサミで挟んで干してもOK。持ち手部分をひっかけてバッグのように吊して干してもOK。小さく畳んでも、吊しても収納できます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス