記事提供:Up to you!

インフルエンザが大流行中!学級閉鎖に、子供の急な発熱に親はもうドキドキ。でも共働き夫婦だとママが休む?パパは休めないの?と一悶着あったり、当然ママが面倒見るよねという空気が漂う家も。

そんなときはキッズラインです。一生懸命働くママパパにぜひチェックしてほしい、キッズラインを担当する藤井が今回ご紹介させていただきます。

出典 http://www.purewow.com

働くママは、子供が病気になると「さぁどうしよう!」と頭を悩ませます。そしてママにとって一番心がすごく揺れ動く場面ではないでしょうか。

「子供が辛そうなところ、仕事と子供とどっちが大切なの?」「子供が苦しんでいるところ、それよりも大切な仕事ってあるの?」と心の中で思う反面、

仕事を一生懸命やっているからこそ、穴をあけるとチームに負担や迷惑をかけるし、心のどこかで、子供がいるから仕方がないよねと周りに思われるのもなんだか心穏やかではない。

そうやってみんな働くママは、みんなもがいているのではないでしょうか。

でもそんなときも、子供に後ろ髪を引かれても、自分が安心して子供を任せられる人がいれば、なんとかママは頑張れますよね。

私も仕事をしている身なので、いざというときに頼れるシッターさんを4名確保しつつ、両親にもお願いできる体制をとって仕事をしています。

もちろん本当に子供が大変なときは側にいてあげたい。でも仕事に誇りを持っているからこそ、仕事も全うしたいと思うからバランスを取るようにしています。

今インフルエンザ等でママにとっては大変な時期。同じように悩んでいる方がいれば、頑張りすぎないで病児保育も頼めるキッズラインに頼ってください!

キッズラインとは

出典 https://kidsline.me

「キッズライン」は通常のベビーシッターサービスの3分の1の値段で1時間1,000円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターサービス。

子どもの対象年齢は0歳~12歳で産前産後の母親ケアも含み、従来のベビーシッターサービスをシェアリングエコノミー化する事で価格の安さと安全性を両立した新しいシッターサービスです。

育児負担の大半を母親一人が担っている現在、誰もが気軽にプロに育児を頼める世の中にしたい、そして新しい価値観を提供し、日本中の女性をもっともっと輝かせたい。

そんな想いからカラーズは「日本にベビーシッター文化を」を理念に掲げて運営しています。

また、オンラインのメリットを活かし、事前に全シッターの詳細なプロフィールが見られるばかりではなく、利用者全員の口コミ評価や、Facebookで繋がる友人の利用シッターがわかるなど、安心して手配する事が出来るため人気。

リピート率は約80%となっています。

日本最大級のビジネスプランコンテスト、「IVS LaunchPad2015」の優勝でますます注目が集まり、個人のみならず法人導入も盛んで利用の裾野を広げています。

キッズラインの登録シッターは、関東に250人!(2016年1月現在)

キッズラインに登録できるサポーター(ベビーシッター)は、登録説明会→面談→研修→実地研修(シッティングトレーニング)で合格をもらった人のみ。

今までのベビーシッターのマッチングサービスというと、登録は誰でも自由にでき、名前も素性も明かさずにシッターの仕事が受けられるというものが存在し、利用に対して不安を拭いきれず利用を断念する人も多かったと思います。

そこでキッズラインは、ベビーシッターという新しい育児支援スタイルをひろめ、安全・安心・リーズナブルで便利な、そしてクオリティーにも徹底的にこだわった、

世界にも誇れるような日本発ベビーシッター文化を作りたいと掲げ、シッターのクオリティにも非常にこだわっています。そしてその選考を突破したシッターさんが250名以上登録しています。

病児・病後児保育ができるサポーターが、計75名登録!(2016年1月現在)

登録シッターの中で病児や病後児保育を受けられるサポーターは、自分のスキルと経験から受け入れを判断し登録しています。

サポーター検索から「病児保育」「病後児保育」にチェックを入れれば対応できるサポーターがすぐに見つかります。

ただし、それぞれ病児と病後児の内容はサポーターによって様々です。必ずお子さんの状況を正確にお伝えして受け入れてもらえそうか相談してみましょう。

他のシッターサービスより安いのは親として嬉しいけど、安全性は?

出典 http://www.purewow.com

サポーターさんを見ると、他のベビーシッターサービスに比べて初期費用もかからず、利用した分だけ、そして何よりそれぞれのサポーターの時給が安いと、今まで他のベビーシッターサービスを利用されたみなさんが驚きます。

でも大切なお子様のこと。安いだけでなく、しっかり安全性も担保されないと安心して預けられません。

キッズラインは、それぞれのサポーター(シッター)プロフィールが詳しいばかりではなく、全ての利用者のレビューが遡って見られ、Facebook繋がりの友人で利用した人がわかるので、事前にどのような方かわかりやすいよう工夫されています。

また看護師免許を持つサポーターのほか、ドゥーラ協会と提携し、専門性の高い知識と資格を持った産後ドゥーラも登録しているので、条件やスケジュールが合えばより専門性の高いシッターにお願いすることもできます。

実際に病児保育をお願いした利用者の声は?

本日はどうもありがとうございました。病院にも連れて行っていただき、申し送りも非常に丁寧で大変助かりました!!!

高熱は続いていますが、おかげさまで食欲もあり、ゼコゼコも治まっています。家事までお手伝いいただいたそうで、どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

出典 https://kidsline.me

普段は保育園に通っている息子ですが、感染症のために登園を控えたためにお願いしました。当日のご依頼にもかかわらずご対応いただきありがとうございました。

明るく清潔感のある方で安心してお願いできました。保育士資格をお持ちなのでとてもきめ細かいご対応をいただけます。息子もとても楽しかったようです。またよろしくお願いします。

出典 https://kidsline.me

病後児保育をお願いしました。初対面で最初は不安でしたが、何時間もいろいろな遊びをしてくれて、7歳の息子も大喜びでした。

また、遊んでいる最中の写真をメールくれたりして、安心して仕事に集中できました。本当にありがとうございました!

出典 https://kidsline.me

体調がすぐれない子供のお世話をお願いしました。当日の急な対応にもかかわらず快く引き受けてくださいました。とても助かりました。有難うございました。

出典 https://kidsline.me

娘が突然体調を崩してしまいましたが、的確に適切にご対応いただき、消毒までしていただき、ほんとに助かりました!またよろしくお願いします!

出典 https://kidsline.me

またお子さんではなくママの体調不良の際にもサポーターが助けてくれます!

夫婦揃って体調がすぐれず、とても困っていましたので、前日夜の急な依頼を快く引き受けて頂き、とても助かりました。

息子もすぐに慣れて、遊んでいましたし、とても穏やかに温かく接してくださる姿に私も安心できました。

息子とお出かけしていただきましたが、臨機応変に対応してくださいましたし、家事なども、こちらの状況を察してササっと済ませてくださり、ありがたかったです。

体調が悪くて困ったときに、こうしてすぐお願いできる方がいてくださって、不安がやわらぎました。ぜひまたよろしくお願いいたします。

出典 https://kidsline.me

子供が発熱からの入院。その後、嫁に移ったのか、嫁が発熱してしまい、家庭が麻痺してしまいました。しかし、サポーターさんのおかげで、無事に過ごすことができました、ありがとうございました。

急であったにもかかわらず、ご対応いただき誠にありがとうございました。嫁も、すこしよくなったようで、ベッドから起き上がって、すこし動けるようになったようです。子供たちも、サポーターさんの人柄に心を開いていたのか、楽しく遊べたようです。

本当に感謝いたします。もう、入院したり、発熱しないでもらいたいものではございますが、また急にお願いするかもしれません。その際には、懲りずにまたよろしくお願いします。最後に、この度は本当に有難うございました。

出典 https://kidsline.me

病児保育でも焦らずシッターを手配する上手なキッズライン利用法とは?

出典 https://jp.pinterest.com

まずはサポーター(ベビーシッター)の探し方から。

サポーター一覧を表示し、お子様の年齢や時給の上限、資格の有無などで条件検索で絞り込んでみましょう。

気になるサポーターが見つかったら♡ボタンで「お気に入り登録」をしておくと、とても便利です。(メニューのお気に入りのサポーター一覧から確認できます)

それぞれの自己紹介や過去の保育経歴、利用者からのレビュー、スケジュールの登録日数などを確認し、気になるサポーターさんがいたら、実際に預けたい日程が決まっていなくても事前に3人程度面談をしておくことが非常に大切なポイントです。

預けたいと思う「いざというとき」は突然にやってきます。その際会ったことがないサポーターさんにお子様を預けるのは不安だと思いますので、お願いしたい日程が出てきたときにすぐに問い合わせできるよう、面談という事前準備が大切になってくるのです。

3人以上事前に会っておくことができれば、スケジュールが合うサポーターさんを見つけやすくなり、親御さんにとっても安心です。

出典 https://kidsline.me

サポーターのページでは、自己紹介のみならず、お仕事を受けられるスケジュール、資格保有状況、過去の利用者からのレビューなどが詳細情報が見られるので、初めての方でも予約までスムーズに行うことが可能です。

新機能!シッター募集で効率的にサポーターを見つけよう

シッター募集とは、キッズラインに登録するサポーターさん全員に向けて、シッティングを依頼できる(募集型)機能です。お急ぎでサポーターさんにお願いしたいときなど、効率的にシッターを探すことができます。

日にちや場所などの条件に答えられるサポーターが手をあげてくれるので、便利ですよね!ただし、こちらのシッター募集も残念ながら成約しない場合もあります。前者の依頼しやすいシッターの確保の補充機能としてお使いいただくことをお勧めします。

いかがでしたでしょうか。

今まさに風邪、インフルエンザ、その他感染症が大流行していますが、キッズラインは仕事も休めない!という頑張るママの味方になってくれること間違いなしです。

登録、入会金、月額費なしで利用できるシッターサービス。他のシッターサービスと併用して利用される賢い親御さんも。でもそれも登録・入会金などがかからないからこそ。登録していて損はないですよね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス