記事提供:秒刊SUNDAY

人間は誰しも何かしら問題を抱えているはずです。すべての機能がパーフェクトにこなせるなどということはありえなく、

そもそもパーフェクトが何をもってパーフェクトとみなすのか、そもそもそれ自体が「よい」とみなすことはいかがなものか。

色々な意見が出てきそうですが、日常生活に支障が出るのは嫌ですね。

ということでこちらの画像をまたみていただきたい。この画像の中には「Q」という文字が多く記載されていますが、中に異なった文字があるそうです。

それを見つければよいのですが、この画像でなんと「(注意欠陥・多動性障害)」いわゆるADHDかどうかわかるのだといいます。はたしてみつけることができるだろうか…。

ということでわたくしも僭越ながらさがしてみますと、ありました。結構早く見つけることができました。

これは迅速に見つけることができればできるほど問題ないということですが…さて答えは

あ、あれ?

ふたつあったの?1つみつけてこれだ!と意気揚々としておりましたが…。

注意不足でした、なんとOが二つあるとは想像もつきませんでした、わたくしの確認不足で申し訳ございません…。

でも安心してください、このチェックあくまで「仮説」のレベルのようですので、見つけられなくても直ちにあなたがADHDであるとは考えにくいのです。

ということで、あまり気にせず「パズル」というレベルで楽しんでみてはいかがでしょう。

もう少し科学的にもとづいたチェックはこちらをご利用ください。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス