時間を小さな単位で考える

時間を「小さな単位」で考えましょう。

トップリーダーたちの多くは、1時間を「60分」、1分を「60秒」と表現する

出典 http://studyhacker.net

そうすると、時間に対する印象が変わってきます。

端数のように感じていた数分間を使ってできることの可能性も広がっていきます

出典 http://www.itmedia.co.jp

時間をよりリアルに、感じることができるようになります。

基本的に時間を「1時間」という大きな単位で捉えている人にとっては、5分や10分は「端数」です。端数の時間では何もできないと感じて、無為に過ごしてしまうことでしょう

出典 http://www.itmedia.co.jp

「あと1時間ある」と「あと60分ある」では、受ける印象が違うはずです。

後者の方が、よりリアルな印象を受けます。どちらかといえば、前者は「まだ1時間ある」、後者は「あと60分しかないな」という印象を受けます。

○○時間という単位で考えると、無意識に「分」を軽視してしまうためです。時間を小さな単位で考えるだけで、時間をより大切に使うことができます。

「費用対効果」を考える

物事に取り組むときは、「費用対効果」を考えましょう。

かけた費用に対する効果やメリットのことを指します

出典 http://www.lifehacker.jp

「費用対効果」とは文字通り、費用に対する効果のことです。

いかに充実した時間を過ごすかということ

出典 http://www.lifehacker.jp

時間の場合は、充実した時間になるかどうか、ということです。

「自分が予定に費やした時間に相当するメリットを受けているかどうか」ということを念頭に、予定を決めるということ

出典 http://www.lifehacker.jp

費やした時間(費用)に対し、それに相当する(またはそれ以上の)メリット(効果)を受けられるのかどうか、について考えます。

言い換えれば、「濃い時間を過ごすことができるのか?」ということです。

デッドラインを設定する

タスクにデッドラインを設定しましょう。

各作業のデッドラインを設定し、その期日を極力守るようにする

出典 http://www.garbagenews.net

デッドライン(締め切り)がなければ、弛緩して時間を無駄にしてしまいます。

明確な目標を設定することによってプレッシャーはかかるものの、遵守率は高くなる

出典 http://www.garbagenews.net

デッドラインがあれば、気持ちの持ち方が変わります。※緊張感を持ちます。

時間を有効活用するために大切なのは、デッドラインを自ら定め、そこから今何をやり、次に何をやるかを逆算することだ

出典 http://diamond.jp

適度なプレッシャーがかかることにより、仕事がはかどります。

デッドラインがあれば、そこから逆算することができます。どのぐらいのペースで物事を進めればいいのか、頭にセットできるのです。※ペース配分がつかめます。

「締め切り効果」と呼ばれるものですね。

家事の時間を短縮する

家事の時間を短縮しましょう。

掃除はいっそのこと『毎日掃除機』は止めましょう

出典 http://www.smart-setuyaku.net

掃除であれば、必ずしも毎日掃除機をかける必要はありません。※フローリングであれば、サッと拭くだけで十分です。

『同時調理』『ながら調理』っていう方法もあります。パスタを茹でながらゆで卵も作ってしまうとか。ごはんを炊く時に一緒に根菜を蒸し上げるとか

出典 http://www.smart-setuyaku.net

料理では、「同時調理」が可能です。

時間のかかるプロセス(ごはん炊き)などを先に流して、その間に別のタスクを行います。料理しながら(合間に)食器を洗う、という方法もあります。

まな板もいちいち洗っていたら時間も水も無駄になるから、汚れのつきにくいものから切っていくとか、洗って開いた牛乳パックを幾つか用意しておいてまな板の上に乗せて使うとか

出典 http://www.smart-setuyaku.net

肉や魚介類を切った後のまな板を洗うのは、汚れがなかなかとれず面倒です。

そこで、洗う手間を省くために、牛乳パックを使います。洗って開いた牛乳パックをまな板の上にのせ、その上で肉や魚介類をカットします。

使い終われば、牛乳パックを捨てればいいのです。

隙間時間にやることを準備しておく

隙間時間にやることを準備しておきましょう。

10分でもできることはいっぱいある

出典 http://www.office-srr.com

どうしても、細切れの時間ができてしまうことがあります。

出張で新幹線や飛行機に乗る場合は、ブログ執筆にあてます

出典 http://president.jp

その時間にやることを用意しておきます。

スキマ時間とは、移動中や仕事と仕事の合間など、スケジュールの中で少し空いた時間のこと。基本は5分、10分程度の細かい時間を指します

出典 http://city.living.jp

5分、10分の時間でも、積み重なると大変な時間になります。

SNSやメール等のチェックでもいいと思いますが、本を読んだり、軽く(ストレッチなどの)体操をしてみてもいいと思います。

隙間時間が数分であれば、何度か深呼吸をしてみてもいいですね。血圧の高い人は、深呼吸をすることで、血圧を下げることができます。※健康のためになります。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス