声だけで人々を魅了し続ける奇跡のアカペラグループ『Pentatonix(ペンタトニックス)』。アカペラ・グループでの、全米アルバム・チャート初登場1位は歴史的快挙であり、ビルボード史上初。また、一世を風靡するきっかけとなった、Daft Punk『One More Time』のカバーは

出典 YouTube

総再生数1億8千万回を超え、もはや伝説となっているわけですが…

そんな全米ナンバー1との呼び声高いペンタトニックスの、女性リード・ボーカル“Kirstin Maldonado”が発表した

アカペラで歌うディズニーラブソングメドレー

これが『凄い!』『鳥肌が立った!』と話題になっていたので紹介したいと思います。

楽器等、一切使っていないにも関わらず、まるで、オーケストラを感じさせる壮大で美しいハーモニーを披露するのは、Kirstin Maldonado(左)と、Jeremy Michael Lewis(右)、そしてその仲間たち。

悩ましい表情で熱唱するKirstin。

そんな彼女を見つめるJeremy。実はこの二人

リアルカップル

でして、お互いの事をよく知っているからこその…絶妙な掛け合いは見応え十分!

なお、歌われているのは

■塔の上のラプンツェルより『I See The Light』
■ターザンより『You’ll Be In My Heart!』
■ヘラクレスより『Go the Distance』

の3曲となっています。

彼氏を見つめながら、とっても楽しそうに歌うKirstin。

まるで自分たちの為にラブソング…歌っているかのようですね。

では、曲の魅力を最大限に引き出したアカペラによるディズニーラブソングメドレー。どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

これは鳥肌モノ!

透き通るような美しい高音ボイスで、曲の美しさを引き立てるKirstinと、まるで王子様の如く、Kirstinの歌声を包み込むJeremy。これは、この二人だからこそ出来た…究極のアカペラと言っても過言ではありませんね。

ラブラブな二人による…幸せ一杯のディズニーメドレー。本当にご馳走様でした(笑)。

こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら