清原逮捕の続報で、あるフレーズが話題をさらっています

覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)が最近、群馬県内で通称「シャブばばあ」と呼ばれる、暴力団関係者とされる大物女密売人のルートで覚せい剤を入手していたとの証言が8日、浮上した

出典 http://www.nikkansports.com

そのフレーズがとんでもないインパクトの「群馬のシャブばばあ」
なんともキャッチー。すぐにTwitterのトレンドワードにも上がるほど話題になりました。

そんな中、みんなある疑問に行きつきました。
「群馬のシャブばばあ」ってどんな奴だ??

そして始まった、勝手に「シャブばばあ」想像大会

THE ばばあ風

すごく気性が荒そうです

一見上品そう

目ぢからを感じます

でかい注射がトレードマーク

クオリティ高すぎ

現在では存在しえないババア

現代にいるババアとは思えない

北斗の拳に出てくる

とにかくでかすぎるババア

漫★画太郎先生のババア

確かにこんなイメージかも

こういう人多いですね。

ちょっとした間違い

完全にジャブ打ってます

ジャブの間違いの影響強すぎ

なぜかおかしな方向に

ほかにも色々な想像が膨らむ

とにかく強そうです。

確かに妖怪感ありますね。

かわいそうではないけど、かわいそうな気がしてきますが、やっぱりかわいそうじゃない。

それにしても語感が良すぎ

本当はこんな言葉で遊んじゃいけないのは分かっていても、あまりのインパクトにみんな想像が止まらないようです。

群馬にはシャブ御殿まである?

群馬県の裏社会に詳しい関係者は「その女は、群馬の裏社会の一部では、悪人の意味も込め、通称『シャブ(覚せい剤)ばばあ』と呼ばれている中高年の暴力団関係者。長年の覚せい剤密売で群馬に自宅を建てたほどの“大物”で、その家は『シャブ御殿』と呼ばれている。最近、清原容疑者がシャブばばあルートで薬物を入手しているとうわさになっていたし、女の周辺で複数回目撃情報もある

出典 http://www.nikkansports.com

どこまでが真実かわかりませんが、御殿が建つほど世の中には覚せい剤に手を染めている人がいるのであれば怖いですね…。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス