女の子って育てやすいの?

Licensed by gettyimages ®

男児母になって5年…なんか、そんな気はしていました……息子が2歳の時、同じくらいの女の子は駅のホームで手もつながずに待っていたり。公園でも、娘もちお母さんはベンチに座っておしゃべりしていたり…

駅のホームや道ではガッチリ手を握り、なんなら紐をつけ、公園では立ち話をしつついつでも駆けつけられるよう臨戦態勢…それが男児母のスタンダードですよね。

いま、娘がその頃の息子と同じ年齢になって、確かに「一瞬でも目を離したらこの子は死ぬ!」っていう緊張感は薄いかも。女の子は、ほんとに育てやすいのでしょうか?

3歳くらいまでは、困ることがない…との噂も

甘えの量が違う気もしますね

女の子は病気しにくい!

Licensed by gettyimages ®

とにかく男の子は体が弱い!昔は、悪いものにとられないように、男の子を女装させて育てた…なんて習慣もあるくらい、女児の健康さは折り紙つき。

0歳児保育から同じように預けた息子と娘、最初の冬から呼び出された回数は、息子がダブルスコア!たしかに、その点では女児の育てやすさは、実感できるかもしれません。

ほんとに熱が出ないですね…

あれ?そういえば…っていうほど、呼び出し回数が少ないですね。

元気でいてくれることは、なによりの親孝行です。

男児はどう育てにくい?

Licensed by gettyimages ®

病気しやすい、命に関わるイタズラをする、空気を読まない・・・とにかく「なんで?」ということをするし、「やめなさい死ぬよ!」と声かけしない日はないくらいだし、なんど注意してもやめないし…

でも、かわいいんですけどね…

目を離したら「死」これが男児母の毎日ですね。

なんでですかね…一歳くらいからすでに…

「ごめん、今日うちの子がケンカふっかけたみたいで」「どっちか勝ったのかな」「うちの子は負けたっていってる」「いま聞いたら、うちの子も負けたって言ってるわ」なんて会話も、LINEでできて便利になりました…

「そんなとこ登らないで!落ちたら大怪我だよ!!」「うん、わかった!」→なぜか続行。男児育児はこの繰り返し・・・

ボタンとかとめないで脱ぎ履きできて、色が濃い目で、ごしごし洗濯できて、土のヨゴレが目立たないやつですね。

彩り?なにそれ美味しいの?から揚げ、卵焼き、ウインナー、おにぎり、プチトマト・・・遠足のお弁当は毎回コレで大丈夫です。

小3になっても・・・ですか・・・・・(遠い目)

女児の反抗期を思い出せ!

Licensed by gettyimages ®

たしかに、0歳から4歳くらいまでは女児を育てるのはラクかもしれません。あまり病気をせず、声かけ・注意を聞いてくれて、多少は空気を読み、命の危険を感じる行動をとらない…

でも、思い出してください。11歳くらいから20歳くらいまで続く魔の反抗期を……。そう、第二反抗期および思春期は女児の方が圧倒的に面倒臭い!こじれ、ガチの喧嘩をしたご家庭も多いのではないでしょうか。

結局、子育てにラクなんてものはないのかもしれませんね…私の娘はまだ2歳ですが、叱ると「ままはオオカミに食べられちゃえ!」だの暴言をはいてきて、すねを蹴られたり……息子はそんな娘を、目をまん丸にして見つめています…

注意すると「おにーたんにあげるね?」などとうまい逃げ方をしてきたり…

小3って。まだ8歳とかですよね…(白眼)

じぶんの反抗期を思い出すと、それを娘もやるのか…と、気絶しそうになります

3歳くらいからお気に入りコーデができるらしいですね

反抗期があることは、成長の大切な過程です!わかってはいますが!

男の子を見守ってください・・・

Licensed by gettyimages ®

ネットでは、男児キモい、乱暴、怖いと言われ、現実社会でも公園で、お店で、遊園地でも白い目で見られ…

結構、男児は疎まれがちです。たしかに声は大きいし、いつまでも同じ歌を繰り返し歌うし、一瞬も止まらない回遊魚みたいな動きをしているし、汚いし、臭いし、ポケットに変なものがはいっているし……でも、会社や家庭にいる立派な男性たち!

彼らもこどもの頃は、こうだったんです!!なんとか育てていきますので、社会に出るまでぜひ長い目で見ていただければと……

こういう方の旦那様ってどんな方なんでしょう

他害も、どんなに叱っても療育に通っても…という場合も。とはいえ、叩かれる方はたまったものではないので、なんとか育てなければなりません。

仮面ライダーはだんだん話が難しくなるので、プリキュアの方が好きって男児は結構いますよね。プリキュアとピンクが好きな男児、気持ち悪がったりしないで!

息子は可愛いですよ!

女児はお下がりをいただくことが多いのですが、男児は一定の年齢を越えると、お下がりの量がぐんと減るそうです。理由は、服が消滅するから。

楽しかったなら…それで……(気絶)

結局、どっちでも子育ては大変・・・

Licensed by gettyimages ®

男児母たちと、女児(3)たちの喧嘩をみて驚いたことがあります。「あたし、いまのことばすごく傷ついたんだけど!あやまってよ!」「わたしなんてもうすぐ泣いちゃうから!」という会話をしていたのです。

男児は良くも悪くも単純で、嫌なことされた→やり返した→ごめんねは⁉︎→ごめんね!(怒鳴りあい)→らきゅーでガイアつくろうぜ! だからです。

結局、男女ともにラクな育児なんてなく、ラクな時期とラクな部分が違うのでしょうね。お互いの子育てをリスペクトしたいものです。

大人しい子は、よく「育てやすくていいね」と言われてしまいそう…でも、そういうわけでも無いんですね

ボスランクのミッフィーちゃん!とはいえ、なんとも発想が素晴らしい息子さんです。

イヤイヤ期にも、方向性とタイプがありますね。うちの息子はいつまでもグズグズ泣いて不機嫌になるタイプですが、娘はすねを蹴ってきました…

「ママってよくふとっててかわいい❤︎」と褒めてくれる息子も、「ママはゴリラ…くすくす」と陰口を言っている娘も、どちらもたしかにかわいいです…

甘えさせる体力、いりますよね!大変さが違いますね。

コチラの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス