記事提供:カラパイア

1972年、最後のアポロ計画が遂行され、有人月面探査の時代は幕を下ろした。76年、ソ連の無人月面探査機ルナ24号が月面を発ち、月の土をソ連に持ち帰った。無人機による月面探査の時代の終焉である。

それ以来、探査機が月へ打ち上げられたことはあるが、再び月面に着陸するのは2013年まで待たなければならなかった。

2013年12月14日、中国国家航天局の嫦娥3号が月面に着陸し、探査車“玉兎号”によって3ヶ月間の調査が行われた。

玉兎号は2014年1月に故障し、動けなくなってしまったが、それまでに豊富な写真とデータを送信してくれている。

こうした画像は受信から12~18ヶ月後の公開であったことや、中国語のサイトに掲載されたこともあり、西側メディアからはそれほど注目されなかった。

しかし、この度惑星協会のエミリー・ラクダワラさんが35ギガバイトもの画像をまとめ、惑星協会のブログで発表した。それでもまだ全体の一部でしかないという。

高性能デジタルカメラで撮影された画像は、驚くほど鮮明で、最も近い天体の荒涼とした美を捉えている。

「これは嫦娥3号の画像を初公開したものではありません。ただ私が全ての科学的データセットに初めてアクセスしたというだけです」とコメントするラクダワラさんだが、

「これまで公開されていたものは処理済みのものでしたが、今回は必須の全メタデータも併せて、生データまで研究者たちは利用できるようになりました」と付け加える。

嫦娥3号は他にも成果を挙げており、例えば、40年ぶりとなる新種の月の岩を発見した。中国国家航天局は今後4年間で、さらに3機の月面着陸機を送ることを計画している。

そのうちの嫦娥6号は、初の試みとなる月面から月の裏側を探査するそうだ。これまで見たこともない、不思議な月の姿を見る日もそう遠くはないはずだ。

さて次に人類が月面に再び着陸する日はいつとなるのだろう?その日を待ちわびながらじっくりと月面写真を眺めていくことにしよう、そうしよう。

以下がラクダワラさんが、中国の元サイトからダウンロードしたデータセットである。

Chang'e 3 data: Lander Terrain Camera (TCAM)
Chang'e 3 data: Rover Panoramic Camera (PCAM)

出典:popularmechanics

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス