10代、20代のピッチピチから一線を画する30代。
体調の変化やお肌の曲がり角など、色々な節目を迎える30代。
でも平均寿命を考えると、まだまだ若いような30代。

そんな30代のリアルを、一コマ漫画で描いてみました。
皆さんの思う30代と比べてどうでしょうか・・・?!

1.健康診断の結果に暗雲が立ちこめる

出典illustrations by もいさん

20代までは気にもしなかった健診結果が、じわじわと怪しくなってきます。
健康と不健康が紙一重の場所にあることを、リアルに感じ始める年頃なのです。

2.体重は変わらないのに、明らかに肉が増す

出典illustration by もいさん

体重は20代の頃と同じはずなのに、腹回りや尻周りに原因不明の贅肉がついてきます。
体重は変わらないのに、ほんとに不思議です。

3.ジャンクに徹せない

出典illustration by もいさん

無性にカップ麺を食べたくなり昼ごはんをカップ麺にするも、
なんとなく副菜的な感じでもずくも一緒に食べてしまいます。
検診結果や腹回りがアレですから、罪悪感からジャンクに徹せないのです。

4.オールとか絶対ムリとしきりに言う

出典illustration by もいさん

オールも大人の階段を登るにつれて、その機会が減っていきます。
ドンチャン騒ぎを夜通しする気力も体力も無くなってきたことを感じつつ、昔はよくやってたんだぜぇ的な意味合いも込めて、ムリムリーとしきりに言いたがるのです。

5.実際にオールすると本気でムリ

出典illustration by もいさん

で、調子に乗ってオールなんかしてしまうと、翌日本気で終了します。
むくむわ、化粧のり悪いわ、倦怠感が酷いわ、軽く8歳は老けます。
周囲からも一目でわかる「ムリが祟った」人になります。

6.肉より魚が良くなる

出典illustration by もいさん

昔は腹減ったら肉、贅沢と言えば肉だったのが、お刺身や海鮮物やお寿司などさっぱりしたものの方が美味しく、贅沢に感じるようになります。
にくにくーーと言ってる子たちを、
若いな・・・と上から見下ろしがちになるのです。

7.友だちの子供が中学生になってる

出典illustration by もいさん

若い頃に結婚した友だちの子供が中学生になっていて、何がなんだか分からなくなります。
ついこの間まで私たち学生だったのに・・・
とか言ってる場合でなく、中学生や高校生の子供がいてもおかしくない歳になっていることに愕然とします。

8.スナック菓子を一袋食べきれない

出典illustration by もいさん

ちょっと夜更かしなんかしてお腹が空いてきて、
ポテチ食べちゃえ!
なんて勢いづいて食べ始めるも、一袋食べきれずゲフーとなります。

ティーンの頃なら食べきってさらにチョコとか食べられたのに、それでも細かったのに、食べきれない上に太い腹回りという、なんとも納得のいかない現実です。

9.パステルカラーのネイルが似合わなくなる

出典Illustration by もいさん

何歳になってもラブリーな物が大好きなのが女子です。
でも、パステルカラーのネイルが似合わなくなってきます。
手が年取ってきて、爪だけメルヘン状態になるのです。

10.カメラで撮った自分が、想像のナナメ上をいく

出典illustration by もいさん

たまにスマホなどで記念撮影や自撮りをすると、想像していたよりもナナメ上の角度でオバサンになっていることに気付かされます。

目の下や口元のたるみ、ほうれい線、二重あごなど、芸能人でなくても加工アプリで修正したくなるものなのです。

11.でもなんだかんだ言って30代って悪くない

出典illustration by もいさん

10代、20代の頃よりリアルに老いは出てきてるけど、
10代、20代の頃にはなかった余裕や楽しみをじっくり感じて、
30代って悪くない、と思えるのが30代。

29歳の時、
あ~~~三十路になっちゃうーーーやだぁぁぁ
とやたら嘆いていたけど、一山越えてみたら意外と大丈夫なものなのです。
意外と、心はあの頃のままだったりするものなのです。


いかがだったでしょうか?
30代のリアル、共感いただけたら幸いです♡

この記事を書いたユーザー

もいさん このユーザーの他の記事を見る

小学生と幼稚園児の母。オシャレ、プチプラ物、シュール、猫が大好物です。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス