そろそろ確定申告の時期が近づいてきました。

「いや、わたしは会社勤めだし、関係ないわ」と思っている方も多いのでは?

一般的なサラリーマンは、年末調整しているので確定申告が不要ですが、医療費や家の新築、また最近話題になった「ふるさと納税」を行っていると、確定申告が必要になってくるんです。

このような、申告することで税金を取り戻すための確定申告を「還付申告」といい、実は1月1日から受け付けが始まっています。

今回は、会社勤めの人が忘れがちな「還付申告」についてご紹介しましょう。

・「貧乏貯金」って知ってる? 浪費してしまう人にオススメな理由!

■「確定申告」と「還付申告」の違い

「確定申告」と「還付申告」はどう違うのでしょうか?

「還付申告」も、確定申告と同じ申告書を使いますし、ほぼ同じものと考えてよいのですが、「還付申告」は確定申告のうち、申告してお金が戻ってくるものに限定して区別しているといえます。

つまり、確定申告の必要がない給与所得者が税金を取り戻すために行うもの。

「還付申告」は、申告しなくても自分が損をするだけですが、確定申告は、自営業者や給与の年間収入金額が2,000万円を超える方など、申告の義務がある場合は、必ず行わなければなりません。

■「還付申告」をしてお金が戻ってくる人は?

ここ最近は、「ふるさと納税」が話題となり、自分が住んでいるところではない自治体に寄付を行った方もいらっしゃると思います。

そのような方は、還付申告をすると、所得税の「寄附金控除」及び、個人住民税の「寄附金税額控除」を受けることができます。

寄付そのものが目的であって、お金が戻らなくても良い方は申告の必要はありませんが、そもそも、「ふるさと納税」が注目されたのは、2,000円の自己負担で地方の特産品がもらえるお得な制度だったからです。

自己負担金を除いたお金を手元に戻すためには「還付申告」が必要ですので、忘れずに手続きをしましょう。

他にも、次のような人は還付申告をするとお金が戻ってくる可能性があります。

・年の途中で会社を退職して再就職していない人
・出産や子供の歯科矯正などで医療費が年間で一定額以上になった人
・住宅ローンを組んで住宅購入または増改築した人(初年度)
・台風や地震、火災、盗難などの被害を受けた人  など

当てはまる項目があった方は、お近くの税務署や国税庁のHPでチェックして下さいね。

■「還付申告」をラクにする方法

自営業者と違い、サラリーマンの方は年末調整を会社で行っていると思いますので、還付申告は簡単に行うことができます。申告に必要な書類を揃えて早めに税務署に行きましょう。

なお、還付申告は5年間可能となっています。

また、国税庁HPの確定申告書等作成コーナーでは、必要事項を入力していくだけで簡単に申告書が作成できます。

作成したものを印刷して持参すればスムーズですし、郵送してもかまいません。

今回は、会社勤めの人が忘れがちな還付申告について、お伝えしました。

申告期間は意外と短いうえ、お子様の入園や入学、進級準備等で忙しくなる時期です。

当てはまった方は、税務署が混雑する前に早めに申告してくださいね。


この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス