初の台湾公演を行ったマドンナ

現在、昨年9月からスタートしたワールドツアー「レベル・ハート・ツアー」で世界各地をツアー中のマドンナ。

2月4、6日には自身初となる台湾公演を行った。

しかし台湾では様々な波乱が巻き起こったようだ。

開演時間が大幅に遅れてスタート

コンサートは予定から2時間近く遅れ、夜10時16分にスタート。「Iconic」や「Like a Virgin」など23曲を熱唱した。会場にはファンの歌声も響き渡り、大型パーティーのような雰囲気に包まれた。スタンディング席の観客と握手するなどのファンサービスも飛び出た。公演は日付が変わった5日午前0時22分まで続いた

出典 http://japan.cna.com.tw

返金を求め怒るファンも多かったそうだ。

22時20分にやっとマドンナが登場した。ファンは激怒し、マドンナは台北アリーナ公演の歌手遅刻記録を更新した。

出典 http://www.xinhuaxia.jp

6日のステージはこれより早く21時半にスタートした。それでも遅刻だ!

中華民国国旗まとって炎上

世界ツアー中の米歌手マドンナさんが4日、台北での初コンサートで大きな「中華民国」(台湾)の旗を身にまとって歌い、中国のネットユーザーの間で物議を醸している。台湾各紙やAFP通信などが報じた。

出典 http://news.ameba.jp

この報道が、中国のネットユーザーを激怒させることに。台湾を中国の一部とするネットユーザーたちが怒りをマドンナへ向け、ボイコットを叫んでいる。

出典 http://news.livedoor.com

インターネットユーザーは微博(ウェイボ・中国版ツイッター)に「台湾が国か?あきれ返る。お前ら(台湾は)ただ地方に過ぎない」と文を載せた。

中国版ツイッター「微博」には「マドンナが旗を羽織ったところで国連に承認されると思う?」といった批判的なコメントが投稿された。

出典 http://www.jiji.com

台湾が国際社会で国家地位を認められることができないという点を指摘してのコメント

サポメンもやってしまう


4日のコンサートでは、開演前にDJが「アイ・ラブ・チャイナ!」と叫んだことで、台湾の観客たちをいら立たせた。このDJは閉演後にフェイスブック上で、「ミスを犯してみんなを侮辱してしまった。許してほしい」とすぐさま謝罪し、台湾のマドンナファンを喜ばせている。

出典 http://www.recordchina.co.jp

前座として出演したDJMary Mac。大幅に開演が遅れる中やっちゃったようで、客のイライラを助長させてしまったようです。

マドンナも台湾の地震に遭遇

Licensed by gettyimages ®

マドンナ本人は被害にあっていない。

コンサートのため台北市に滞在中の米歌手マドンナも、6日未明に発生した地震に遭遇。地震発生当時、ホテルの17階にある部屋で就寝中だったマドンナによると、高い場所だけに揺れも大きかったといい、「すぐに目が覚めたわ。少しだけ怖い思いをした」と明かしている。

出典 http://www.recordchina.co.jp

代表曲の1つ「Take A Bow」を歌ったマドンナは、「特別な歌を特別な場所に捧げたい」と、被災地への思いを込めたことを語った。

公演後も賑わせるマドンナ

台湾と日本を間違っていた?

無事にコンサートを終えたマドンナはインスタグラム上で、「2日間の素敵な夜をありがとう」と感謝を込めたメッセージを発表。しかし、メッセージにあったマドンナの写真の背景は、なぜか漢字とひらがなが混じった日本語だった。ファンからは間違いを指摘する声が寄せられている。

出典 http://news.livedoor.com

ネット上では「最初から台湾と日本を間違えていた?」「ステージではあれだけ『アイラブ台北』って言ってたのにね」「女帝だから何でも許される」と、誤りを許す寛大な声も聞かれている。

そんなマドンナが10年振りに日本公演を行う

台湾公演では色々とあったマドンナ。

そんなマドンナが10年ぶり、に2月13・14日にさいたまスーパーアリーナで日本公演を行う。

今回のツアーには日本人ダンサーユニットのAyaBambiも参加しており、そちらも注目だ。

10年振りの公演にファンの熱も高まるばかりだが、遅刻だけは避けて欲しいものですね。

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス