就職活動に、苦戦したことはありませんか。

Licensed by gettyimages ®

現在はお仕事探しにも様々な方法がありますが、インターネットが苦手、特に際立ったキャリアがない、自宅の近くで仕事を探したいといった場合、ハローワークを使ってお仕事を探す方もいらっしゃるかと思います。今日は、ハローワークでお仕事を探す上で注意しておきたい点をご紹介します。

ハローワークの求人には、事実と異なる点があると問題提議をされることも…。

応募する企業のHPを、しっかりと確認しましょう。

Licensed by gettyimages ®

一番最初にしていただきたいことが、こちらです。現在では殆どの企業でHPがありますので、事前にある程度の概要を確認することができます。扱っている商材や企業情報など、きちんと見ておきましょう。

就職面接を受ける企業の基本的な内容を把握したら、ホームページをチェックします。面接では、「当社のホームページをご覧になりましたか?」と、質問される場合があります。質問に答えられるようにホームページは必ず見ておきましょう。ホームページには、会社概要の他に様々な情報が記載されています。社長の経営理念や地域活動への参加報告や新聞・TV出演などのメディアへの露出、社長自身のブログもありますから、一通り目を通しておくと良いでしょう。

出典 http://papimami.jp

会社のHPを見ておくことで面接対策にもなります。社風などもある程度は見ることができますので、選考の参考になることでしょう。

クチコミサイトを見ておきましょう。

Licensed by gettyimages ®

企業のHPでは把握しきれないことは、現職・もしくは応募企業の退職者の経験を見ておくと良いでしょう。そう言った点では、クチコミサイトが参考になります。

情報社会の中で、転職先を決めなければならない事は大変だと思いますが、「入社してみないとわからない」という不透明かつ不安な状態で転職を決めるのは明らかに危険で、しっかりと調べた上で就職先を決定してもらいたいと思っています。そういう面では下記のような企業クチコミサイトは情報収集という面で重宝します。

・転職会議
・キャリコネ
・VORKERS

これらのサイトはVORKERS以外は上場企業が運営しており、サクラ的な書き込みばかりでなく、純粋なクチコミ情報によって運営されているのがわかります。

出典 http://www.best-w.com

クチコミ情報の全てが真実かどうかは、判断ができませんが、通年募集が続いている企業や、長年にわたりマイナスのクチコミしかない場合などは、応募をするかどうか、入社をするかどうかを決める大きな参考資料になることでしょう。

求人票は、採用条件とは異なります。

Licensed by gettyimages ®

よく、求人票を見て「この待遇で仕事ができる」と思っている方がいらっしゃいます。中には、「トライアル雇用」や、「ポテンシャル採用」という名の下で、提示金額よりも低い金額や待遇で仕事をするケースもあります。

採用後は、雇用契約書を確認しましょう。

Licensed by gettyimages ®

ハローワークで紹介される案件の中には、雇用契約書がなく、賃金や待遇などは口約束の企業も少なくないそうです。確実に条件を確認するためには、書面での条件提示をお願いすると良いでしょう。

契約で定めたことは、会社も労働者も守る義務があります。一度サインしてしまえば、不利な内容であっても法律等に触れない限りその条件で働くことになるのです。さらに、契約書は重要な証拠になります。会社との間で、時にはトラブルが起こることもあります。会社が契約を守らないことを理由にトラブルになっている場合、契約書という証拠があれば解決する可能性が高まります。

出典 http://www.npoposse.jp

求人票とは異なり、雇用契約書には効力があります。サインをする前に必ず確認をしましょう。

ハローワークは、転職サイトなどと比べても、事実と異なる条件で求人情報が掲載されることが多いと言われています。それには、このような理由もあるのでしょう。

ハローワークの求人票は、無料で掲載できるからです。

Licensed by gettyimages ®

民間の転職サイトや求人雑誌とは異なり、ハローワークの求人は無料で掲載をすることができます。そのため、求人票をしっかりと確認せずに掲載することもあり、その結果として事実と異なる条件で掲載をしてしまっている案件も出てきているようです。

納得のいく転職を…。

Licensed by gettyimages ®

年齢を重ねたので最後の転職にしたい…。どうしても正社員で転職をしたいなど、そのような焦りから、転職に妥協をしてしまうこともあるかもしれません。ですが、転職をするからには、長く働きたいもの。ぜひ、焦って転職先を決めてしまうことのないように、事前に情報をしっかりと集め、より良い転職を行いましょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス