あーよく寝た!お布団干さないと・・・

Licensed by gettyimages ®

カバーをはいだ瞬間「アッ・・・」おふとんにポツポツと黒いシミが・・・そう、黒カビです。黒カビは、そのままほうっておくと、喘息や内臓疾患につながることも。適切に除去したいですね!

ショックですよね

ちゃんと干せない病み上がりに見つけることもありますね・・・

雨の季節も・・・

なぜ黒かびが生えるの?

Licensed by gettyimages ®

高温多湿になりやすいのは、若い人のお布団!とくに赤ちゃんや幼い子がいるおうちは要注意。今回、わたしがカビさせたのは、娘とわたしが寝ているお布団です。娘は体温が高いので、ふたりで寝ていると汗びっしょりになってしまうことすらあります。

朝起きて、窓に結露しているお部屋は要注意!それだけ湿度が高いということになります。毎日布団をあげおろして、布団乾燥機をかけて、干して・・・としていたのですが、除湿シートからはずれていたお布団がカビに。

黒カビが見えているということは、その周辺もカビの胞子がまわっているということ・・・もしポツポツが見えたらすぐに対処しましょう!

対処が早ければ、除去も簡単!

出典 http://www.amazon.co.jp

※すべての工程で換気をすること!

【準備するもの】
・アルコールスプレー(エタノール:水で8:2に割る)
・重曹スプレー
・ハブラシ/雑巾
・掃除機
・酵素系漂白剤

【黒カビを死滅させる】
・重曹を水やお湯に溶かしたスプレーを全体に吹き、3分放置
・水を雑巾でふきとる。
・やや乾いたら全体にアルコールスプレーをして、アルコールを染みこませたティッシュで覆って湿布する。
・布団乾燥機で乾燥させ、掃除機をかける。

【カビのシミをとる】
・酵素系漂白剤を薄めて黒カビにスプレーしておく。
・コインランドリーで丸洗いする。

もしくは
・薄めた酵素系漂白剤を雑巾にふくませ、とんとんと叩き込む。
・濡れたタオルを絞ってふき取ったあと、天日干しにする。

【クリーニングに出す】
・お近くのクリーニング店で、布団を扱っているか聞きましょう。
・数千円~1万円程度で洗ってくれることが多いようです。

もうカビさせたくない!どうすればカビを防げるの?

Licensed by gettyimages ®

フローリングへの直敷きはしない!これにつきます。

・除湿パッドを敷く
・毎日きちんとお布団の上げ下ろしをする(その際、たたむ側を変える)
・1週間に一度は干す
・布団乾燥機をこまめにかける

これで、カビをバッチリ予防できますね。

子どもたちの健康のため、ふとんはきれいに保ちたいですね!

Licensed by gettyimages ®

見つけてすぐなら、簡単に除去できるカビ!ほうっておけばふとんの耐久性もさがり、健康へ害をなすこともあるので、清潔に保つようがんばりましょう。

布団乾燥機をかけた後は、掃除機をかけましょう。

ぶわっと・・・こんなときは丸洗いしたいですね(涙

アレルギーになると、ほんとうにつらいですね!

ほうっておくと、こんな事態にも・・・

この記事を書いたユーザー

ミントチョコレートアイスクリーム このユーザーの他の記事を見る

ふつうの主婦です。時短勤務中。海外ドラマとリアリティーショウが大好きです。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス