環境省の発表によると、花粉症に苦しむ日本人はおよそ4000万人。
日本人の3人に1人が花粉症だと言われています。


花粉症と言えば春というイメージが強い方が多いのではないでしょうか?
しかし、花粉は実は2月から飛散しているのだとか…。
辛い花粉症の対策をご紹介します!!

実際に花粉症の方はどのような対策をしているのでしょうか?

圧倒的に多いのは「外出時にマスクをする」ということ。
他には、目がかゆくなるので使い捨てコンタクトにしてマスクをして帽子をかぶるとフル装備の方も…。

花粉症から身を守ろうという方が多いなか、実際に通院して根本的に治そうという方は少ないのだとか。
花粉症って発症してしまったら本当にツライものではありますが、期間は限られたものが多いためなかなか病院に行かずに過ごしてしまう方も多いようです。

そもそも花粉症って何故起こるのでしょうか?
花粉症が発症していくメカニズムについて調べてみました。

花粉症はなぜ発症する?

Licensed by gettyimages ®

花粉が体内に入ったからと言って、誰もがすぐに花粉症を発症するわけではありません。

もともと人間が持っている体内に異物が入った時に働く免疫機能が過剰に働いた結果が「花粉症」となるわけです。

花粉自体は無害なものではありますが、人間は侵入した花粉を異物とみなし、異物を追い出す役目の「抗体」を作りだします。
抗体が体内にどんどん蓄積していき、一定量を超えると抗体は花粉を追い出そうとしてくしゃみや鼻水などの過剰な免疫機能をしてしまうのです。

○これまで大丈夫だったのに急に花粉症になった人
→抗体の蓄積が一定量を超えてしまったということが考えられる。

「花粉症」の怖さって…?

花粉症の症状と言えば、「くしゃみ」「鼻づまり」が多いとも言われますが…それだけではありません。
花粉症の怖さは、俗にいう「蓄膿症

「急性副鼻腔炎」を起こす可能性があるのです。
目の内側、おでこ、頬にある副鼻腔という空洞があり、副鼻腔に膿がたまることで目の痛み・視力の低下に結びつくことも…他にも頭痛や聴覚に支障をきたすことも。



薬を早めに飲むことでメリットが!

花粉症で重要となるのが"初期療法"と呼ばれるもの。
初期療法とは…花粉が飛ぶ一週間ほど前から薬を飲むこと。

症状が出る前から薬を飲むことに抵抗を感じる方も居るかと思いますが、
初期療法には3つのメリットがあります。
1.症状が現れるのを遅らせる
2.症状を軽く済ませられる
3.薬の使用回数や量が減る

花粉症の症状が出る前に薬を飲むことで軽減することが出来るとのことです。

治療法として注目されているのが「舌下免疫治療法」

体質から治したいという方にオススメなものです。

ボトル容器の中に入っているスギのエキスを舌の上に垂らし、約2分間キープし体に染み込ませることでスギの抗原を吸収させようという治療法です。
こうするこでとで、スギ花粉に対する免疫がつき、花粉が体内に侵入しても異物とみなさないようにすることが出来ます。

注射のような痛みがなく、病院に通院しなくても自宅で治療することが出来る。
効果がないという方も約20%居た中、8割は効果を実感している治療法ですから花粉症にお悩みの方は試してみる価値がありそうですよね。

更に現在では保険適用されており1回の治療にかかるのは約1,000円ですから安価で治療できるのも魅力的ですよね。

メリットだけではなく、注意点も。
・特定の医療機関でしか受けられない
・花粉飛散時期は治療を開始できない(開始は6~12月)
・治療期間が長い(2~3年)

辛いのは嫌!でも薬も治療も嫌…

Licensed by gettyimages ®

そんな方にとっておきの方法を教えます♪
なんと…日本人にとって身近なモノを食べるだけ!!
茨城にある農業生物資源研究所では、花粉症に効果的なお米を研究しているのだとか。
このお米の中には、スギ花粉の成分が組み込まれていてそれを食べ続けることでその成分に体が慣れて外から実際の花粉が飛んできてもアレルギー反応がでなくなるのだとか。
安全な成分だけ取り込むことが出来るので安心ですし、お米というと日本人の代表職ですからね。
おいしく簡単に花粉症の改善が出来る日も遠くはなさそうですね!!
1日1回食べて、5ヶ月続けることで効果が期待できるようです…♪

今すぐ改善したい!!そんな方には…

花粉症対策に効果的と言われている対策をご紹介致します。

・ヨーグルトにみかんの皮を入れて飲むと良い。
→みかんの皮に含まれるノビレチンが症状を緩和してくれます。
みかんの皮と飲むヨーグルトをミキサーにかけて飲むのがオススメ♡
1日みかんの皮1個分が目安。もちろんみかんの果肉を入れても…!!

玄関で衣服の花粉を払うより拭く方が良い
→払うと花粉が舞ってしまい、それを吸う事になりますから逆効果。
よく家の中に花粉を持ち込まないように払っている方が多いことと思いますが、
払うよりも拭く方が良いそうです。

・ティッシュを鼻につめてはいけない
→花粉をくしゃみなどで追い出そうとしているのにティッシュを詰めることで中に溜めこんでおいてはいけない。
溜め込んでしまうことで炎症が出来てしまうことも…。

辛い花粉症を改善するためにも、是非試してみてくださいね♪

この記事を書いたユーザー

ぷちママ このユーザーの他の記事を見る

3歳の娘の子育てをしている北海道在住の専業主婦です*
役に立つ、最新の情報を配信していきます。
宜しくお願い致します。

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 育児
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス