食品廃棄をしないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

多くのコンビニやスーパーでは、今日も大量に売れ残りのお弁当やおむすび、パンが大量廃棄されています。

■恵方巻き大量廃棄

ツイッターではスーパーやコンビニが大量に余った恵方巻きが捨てられる画像が多く投稿され物議を呼びました。

もったいない!

しかし、仕入れ量を少なくすることで「このコンビニ何にもない!」と思われてしまったら印象が悪くなり、お客さんの来店する人が少なくなることはお店側が一番よくわかっています。

食料品をムダにしないために、少しでも割引をして売る努力をするお店もたくさんあります。

恵方巻きで売り上げを伸ばすことは悪いとは言いませんが、食品の無駄や強制的なノルマを強いるような売り方は企業のイメージダウンするという認識を持つべきでしょう。

・大手デパートで

取材目的に隣接するパンなどの食品売り場の横だった。時間がきて店内に客の姿がなくなったところで、職場の後片付けが始まったのだが、その光景が強烈な印象だった。

出典 http://blogos.com

デパートや大手コンビニでは値引き販売はしないのがあたりまえの感覚です。

売れ残ったパンがその中へ素手で掴んでポンポンと投げ入れられて行くのだった。ついさっきまで商品として大事に扱われ、1個100円以上で売られていた菓子パンたちも、両手でぎゅっとまとめて放り込まれていた。

出典 http://blogos.com

しかし、残ったパンはどこに行ってしまうのか気になります。

■CoCo壱番屋冷凍ビーフカツ横流し問題

カレーハウスCoCo壱番屋の従業員が市場に出回るはずのないビーフカツが売られているのを見つけ本部に報告したことから横流しが発覚したニュースが大々的に流れました。

この場合、賞味期限ではなく工場のトラブルによる異物混入してのケースなのでちょっと事情が変わってきます。

これはCoCo壱番屋が悪いのではなく、横流しした業者が悪いことはもちろんで、ネットでは同情するユーザーも多くいました。

・横流しの防止策

壱番屋は今回の事件を受け、包装を外して生ごみと混ぜてから処理を委託することを決めた。製品の状態のまま廃棄する場合は、工場からの搬出から処理まで社員が必ず立ち会うという。

出典 http://www.corporate-legal.jp

食品を扱う業者として不信感にある食べ物をお客様に提供したとなれば、それこそ死活問題なのはペヤング騒動を見ればわかることでしょう。

しかし、同時に何だかもったいないと思う人もいたのではないでしょうか?

・とくダネ!小倉さん

『とくダネ!』(フジテレビ系)では小倉智昭(68才)が、「シリアで1週間食べ物がなくて餓死する子供たちがいる一方、こんなふうに廃棄されてる食品もあるって、なんかねぇ」とコメント

出典 http://getnews.jp

ちょっと論点はずれているような発言ですが、日本は食品廃棄に対して安易に捨てすぎ、そして何だか過剰な意識が日本に蔓延しているのも気になります。

■世界の食料廃棄現状

世界の飢餓人口は、7億9500万人。9人に1人が飢餓に苦しんでいることを。1分間に17人の人が、飢餓で亡くなっている現実を 。

出典 http://www.city.atsugi.kanagawa.jp

アフリカのシエラレオネでは平均寿命が34歳という。世界一寿命が短い国としている。また、ネパールやカンボジアなどアジア地域の貧困も深刻な状態。

国際連合食糧農業機関(FAO)の2011年の調査によると、全世界では、消費向けに生産された食料の3分の1にあたる年間約13億トンが廃棄されている。

出典 http://theplatnews.com

生産された3分の1もの食材が廃棄されていることに驚きです。

特に先進国において消費段階で発生する廃棄率が高く、その廃棄量(2億2200万トン)は、サハラ以南アフリカの食料純総生産量(2億3000万トン)に匹敵する。

出典 http://theplatnews.com

豊かな先進国と貧しき国の格差は昔から問題視されてきました。

■日本の食品ロス

出典 http://www.caa.go.jp

日本では年間約1700万トンの食料が廃棄されており、そのうち「食品ロス」は年間約500万〜800万トンにものぼる(平成22年度農林水産省調べ)

日本は米国、フランスに次ぐ世界有数の食料廃棄国である

出典 http://theplatnews.com

日本は食料の多くを海外からの輸入に頼っている反面その半分が捨てているデータがあるそうです。

日本企業での賞味期限切れの商品の一部は飼料や堆肥などへ回す取組みをしているようですが、多くは今でも廃棄されているようです。

【世界の試み①】フランスは食品の廃棄を法的に禁止

フランスの大手スーパーマーケットは、調味期限の切れる食品の廃棄が禁止される。それらは廃棄される代わりに、人道援助組織に回され、必要とする人々に配られる。

出典 http://jp.sputniknews.com

フランスは2015年名目GDP第6位の先進国です。

日本と大きく違うのが年中無休24時間のコンビニと自動販売機がないという国です。
あるのはスーパーマーケットで夜にお店は閉めてしまい、日曜日の営業はしない。労働者の休む権利を守るために徹底しています。

経済状況が悪化しホームレスが増える中で、ある議員が地元のスーパーで売れ残りの食料品を回収し、ホームレスなどに食品を配る団体につなぐ活動をしたのがきっかけ。

出典 http://ovo.kyodo.co.jp

フランスではスーパーの閉店後にゴミをあさるホームレスが問題に、捨ててしまう食材を団体に寄付することでこういった問題を解決し人道的な面からも、そしてゴミの量を減らし地球の環境にも配慮できるわけです。

【世界の試み②】英国では飲食店が廃棄される食材を仕入れ

スーパーなどで廃棄される食材を仕入れ、料理に使用する飲食店が世界のあらゆるところで誕生している。たとえば、英国のレストラン『Bristol Skipchen』がそうだ。

出典 http://www.inshokuten.com

ちょっと面白いのがイギリスですね。

毎日、スーパーや飲食店から廃棄される食材を仕入れ、エビのサラダやロブスターといったメニューを提供。材料費が掛からないため料金は設定しておらず、ゲストが好きな料金を払うシステムだという。

出典 http://www.inshokuten.com

日本ではちょっと考えられない仕組み。
レストランや飲食店がスーパーで廃棄される食材をタダで貰ってきて調理し提供するというもの。

スーパーにしてみれば捨てることによるゴミの処理費用を減らすことにもつながるし、飲食店にしてみれば無料の食材を使うことで利益になる。

お客さんにしてみたらそれなりの料金を払えばいいことになる。

【世界の試み③】ロンドン発“おすそわけ”情報

ロンドンで2015年7月にリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余剰食料を融通し合う、いわば、“おすそわけ”専用アプリ

出典 http://techable.jp

面白いのは、お店やスーパーだけでなく個人が余剰食材をあげますよというそういうアプリ。

OLIOの特徴は、地元のショップやカフェに「Drop Box」と呼ばれる専用の引き渡しボックスを設置し、ユーザー間で直接手渡しせずとも、その専用ボックスを介して、余剰食材を必要な人に届けられる仕組みを整えている点だ。

出典 http://techable.jp

このアプリはネットでのやり取りをするだけの場ではなく、ショップやカフェに専用のボックスを設置していること。

OLIOは、テクノロジーの活用によって、余剰食材を簡単かつ効率的に必要とする人々へ届け、食料廃棄物の削減に貢献している。それだけではなく、地元のショップやカフェを食材の引き渡しのためのハブとすることで、事業者のプロモーションや集客にも役立てている点が秀逸だ

出典 http://techable.jp

専用のボックスを設置することでショップやカフェにも集客に役立てる利点があること。

これホント優秀、家庭で食べきれない食材や買ってみたけど美味しくないものなど買って失敗した時も使えそう。日本にも是非これが流行ってほしいなと思う。

当然、スーパーや小売でも期限切れの食材をただ捨ててゴミ処理代やリサイクルにかかるお金をかけるよりいいんじゃないかと思うけどどうなんでしょうか?

【世界の試み④】ニューヨーク発“消費期限切れ間近”情報

ニューヨークでリリースされたアプリ「PareUp

出典 http://techable.jp

まず事業者がPareUp上で商品の在庫状況を毎日更新。割引価格で販売したい消費期限切れ間近の食品を、その都度発信することもできる。

出典 http://techable.jp

在庫管理や毎日の発注業務はスーパーでも毎日行われていることを考えれば、その商品がいつ仕入れて賞味期限はいつなのかわかっていることです。

それは各店舗内だけの情報として持っているのではなく、ネットで活用できればそんな楽なことはありませんよね、だってチラシとか必要がなくなるわけですから。

消費者は、PareUpのスマホアプリを介して、消費期限が迫る商品の“お買い得情報”をチェックし、各店舗で買い求めるという流れ

出典 http://techable.jp

安く買いたい消費者なら賞味期限が迫っていても苦にならないわけです。

事業者は、従来廃棄せざるをえなかった商品を割引価格で販売して収益を得ることができる。一方消費者は、欲しい食品を安く買うことができ、結果として、食料廃棄量の削減にもつながる仕組みだ。

出典 http://techable.jp

何と悪くない仕組み。

某コンビニは賞味期限が迫ったお弁当を安く売るのを禁止していますからね。
これも商売をするうえで大事な戦略なのはわかりますが、捨てる食材を知恵と工夫でなんとかする取り組みがなされないのが残念でなりません。

【番外】誤発注とSNSの存在

Twitterでは、お店が間違えて多くの食品を発注してしまい困っている状況が拡散されました。

それを見たユーザーが次々にその商品を買い求め完売することができ、ある種の感動があったことは記憶に新しいでしょう。

1日数個しか売れないであろうプリンが4000個とは間違えるにしてもほどがあります。

時間を見てもらえばわかると思いますが、12時頃投稿で15時に完売してます。ネットの力は侮れません。

なかなか面白くて笑ってしまいますが、でも何だか応援したくなりますよね、たとえそれが値引きなしでも。

最後に

生産者が時間と丹精を込めて作られた商品が捨てられてしまうのは実に残念でもったいないことです。

小売店にしてみたら商売として手間やコストを考えれば、もったいなくても捨てるのが一番楽なのかもしれません。

「これ食ったら腹壊した!どうしてくれるんだ」などのクレームが来たりしたら、たまったものではないですし、そのクレーム対応の時間的なロスや、精神的なわずらわしさのことを思えば捨ててしまうのが最善の策だというのが今までの経験上から今に至っているのでしょう。

でもやっぱしこのままではいけない気がします。

世界各国で行われる多くの試みを参考にして、食品の廃棄ができるだけ減るように努力することも企業には求められるそういう時代なのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス