北朝鮮こと朝鮮民主主義人民共和国が日本など周辺国の声を無視していつものようにミサイルを発射してしまいました。
このことは非常に問題です。現在のところ上空を通過した各地で落下物などの被害はないみたいで、安堵しています…。

安倍総理も「安全保障上の重大な挑発行為で断じて容認できない」と非難していますし、首相官邸で国家安全保障会議も開かれています。

そんな中…。

北朝鮮のミサイル発射に対して…。

2月7日9時30分頃に放たれた北朝鮮のミサイルに対して…。
なんと自衛官でも政治家でも何でもない一般の女性がとちょっとし返してくるとして、とあるものをうち放ったのである…。

ペットボトルロケット…。
さすがに届かないですよね…。

でも、なんか発想が面白いですよね…。

ペットボトルロケットとは?

炭酸などのペットボトルに水を入れてそこに空気で圧力を加えて飛ばす…。
子供の頃に学校などで一度は試した人も多いのではないでしょうか?


基本的には数十メートル程度しか飛ばないものですが…。

100mを超える飛行距離を出すこともできる面白いものです…。


しかしながら、流石に海を超えて北朝鮮までは飛ばすことは出来ません…。

遊ぶ際の注意点

現在の日本の法律では飛行場などのそばでは飛ばせない他、250mを超える場合は打ち上げの許可が必要になりますので注意が必要です。
とは言っても飛行場などがない広い場所で遊ぶ分には普通は250mを超えることはないので、周りの安全を確認して遊ぶには楽しいものですよ…。

小学生の自由研究にも…。

出典 YouTube

動画のように角度や水と空気の割合などで飛ぶ距離も変わる為、小学生などの自由研究にも最適なのではないでしょうか?

流石に北朝鮮に飛ばすことはできませんが、実験としては非常に楽しく、子供だけでなく一緒にやる大人も楽しめます。

追記…?

抗議が来るかは別として…。
打ったロケットはちゃんと回収しましょう…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス