ベッキー騒動の「全」取材結果 1

「長谷川さん、ミヤネ屋に出てましたよ!」

ん?何の話?

「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)の収録を終えてテレビ大阪に移ると、パートナーの鈴木キャスターが教えてくれました。何でも、ベッキーちゃん騒動について私のブログが使用されていた、とのこと。

ウハ~なんと光栄な…。どうもどうも、使っていただいてありがとうございます。そういや、そうね。ミヤネ屋のスタッフさんと知り合いって、いなかったもんね。連絡もしようがなかったんでしょう。

で、その直後。

今度は私の携帯電話が着信。取ると、週刊文春さんの度々お世話になっている、とても信頼できる記者さん。もしもし、どうしました?

「長谷川さん、デスクが…ちょっとやばいです。かなり怒っています!」

ん?何の話?

よくよく聞くと…昨日、私はもうベッキー騒動については手を放そうと思ったし、いろんな面倒な状況に巻き込まれ過ぎて、せっかく国会もTPPも大事な時なのに、他のコラムもなかなか書けないわ…で、困ってたので、行き過ぎた表現や誤解を招きかねない部分を全部削除し、謝罪をしていたのです。で、手を引く、と宣言したのです。

で、ミヤネ屋さん…まさかの…その「まさに削除した部分」を放送で使っていたとのこと…(見てないけど)。

そこには、文春さんのベッキーちゃん記事の中のラインの画面に対して、僕自身が取材をした結果、ベッキーちゃん・川谷君の双方が

「これは言っていないと思う」

と主張している一文があって、双方からのヒアリングの結果、全く話している内容が同じだったことから

「この一文に関しては、ねつ造であると思う」

と書いたのです。

でも考えてみたら、お互い忘れているだけの可能性もあるし、文春さん、そんなに適当な記事書くわけないしなぁ…という考えにもなり、念のため、昨日のうちに削除して謝罪しておいた部分だったわけですが…

まさか、今日のオンエアで…そこを使われていたとは(号泣)。

文春のお世話になっている記者さんに話を聞くと、二人が周囲に「ねつ造だと思う」と主張している

「『友達』で押し通す予定(笑)!」

というラインの一文は「絶対にあります」とのこと。

もうね…なんなんだか…(涙)。

私、ベッキーちゃんや川谷君に…二人にだまされたんですかね(涙)?それとも、文春さんが吹っかけてきてるんですかね(泣)?

個人的な意見を述べると、こちらのブログにも書いたのですが、私は「文春さんは適当な取材は絶対にしない』という見方をしているので、現段階では、きっと文春さんの言うことが正しいように思います。私に電話をかけてきている記者さんもとても信頼している人です。なので

「友達で押し通す予定』と言うラインの一文は…

文春さんが「絶対ある」と言い。ベッキーちゃんと川谷君が「ないはずです」と言っている、という状況で…私は確認のしようがないけれど、個人的な感想を言えば、私は文春さんの言ってることの方が正しいと思います(もちろん、確認できないからどうしようもないけれど)。


私は、読売テレビさんでお世話になっている上沼恵美子さんの超人気番組「上沼・高田のクギズケ!」で、ベッキー騒動の担当になったので、

「テレビで話す以上は…」

と、通常通り取材をしただけなのですが…でも、テレビで私のブログも使われたようだし、大恩ある文春さんも何が何だかわからないうちに怒ってるみたいだし…何より私のブログを楽しみにしてくれている多くの読者の皆さんから…山のように

「全部オープンにするのが長谷川さんでしょ!」

という叱咤激励のコメントを、承認が追い付かない勢いで寄せられてるし…という状況なので…。

いったん、ベッキーちゃんも正式休業も発表されたことなので、私がこの3週間にわたって、何を聞き、何を取材し、何を確認したのか?

全部一気に話そうと思います。もうそれで勘弁して。誰に聞いたか、出来るだけ詳細に明かすから。先日の安倍さんの委員会の答弁とか、本当によかったのに、何のコラムも書けやしない…(涙)。

まぁ…でも考えてみれば、皆さんは「テレビや新聞など」の「取材者」が、普段から
「どれだけの取材をし、そのほとんどを表には出していない」と言うことを知っていただくいい機会になる気もします。

テレビも雑誌も新聞も…皆さんが思ってるより、裏で頑張ってんですよ。いや、ほんとに。

ベッキー騒動の「全」取材結果 2

私が読売テレビのバラエティー番組「上沼・高田のクギズケ!」でベッキー担当になったのがおよそ3週間前。

担当になる以上、最低レベル以上の取材はします。なので、私はまず、各局の友人たちに連絡を取り、ベッキーさんの番組の担当者とコンタクトを取ることに成功しました。

週刊文春のスクープ第2弾(川谷君の奥さんのインタビュー)が出た直後でした。

世間は、SMAP騒動に大騒ぎ。ベッキーさんはそこまでフューチャーされていませんでした。で、そこまで何にも考えずにその番組関係者にヒアリングを開始しました。

え?
ん?

その方から聞けた話は、あまりにも世間の認識と違い、ちょっと驚きを隠せないレベルのものでした。

「ベッキー、だまされてただけらしいよ?」
「っていうか、男女の仲にもなってないらしいぜ?」

どういうこと?ホテルに泊まって?世間では、ベッキーさんは完全に「奥さんがいることを知りながら不倫を楽しみ、盛り上がってるバカ」として報道されていました。

どこまで本当のことなんだろうか?

その頃、私は弁護士さんと飲む機会があり、その弁護士さんは離婚訴訟などにかなり詳しい方だったので、思い切って色々と聞いてみました。

「男女の仲じゃないとか、それは関係ないなぁ」

弁護士さんいわく、そもそも

・既婚者と知って交際している事実がある
・常識の範疇で、不貞行為と捉えられる事実(=ホテルに泊まっている)がある

事から、ゲスの川谷君だけではなく、ベッキーさんも完全アウトだ、と。

だよね。

そらそうです。真っ黒じゃん。その後、3週目に、例の大問題に発展する「センテンススプリング」の文春が発行となりました。

ラインのやり取りは完全にノー天気そのもの。一見すると、不倫を知りながら、お互いを励ます…ダメなバカップルそのものでした。

あぁ、アウト。私の目から見ても…

そう思った時、有名になった「センテンススプリング」の上の部分の会話が目に飛び込んできました。

ベッキー「それに不倫じゃありません!」
川谷「うん!」
ベッキー「略奪でもありません!」
川谷「うん!」

私は、ここに多少の違和感を覚えました。多少ではあったのですが…職業柄、違和感を感じると「何があるのか」興味がわき、取材をしたくなるのが性分というやつです。

そこで、再び取材を開始しました。今度は別の番組関係者でした。その関係者も「ベッキー、だまされたらしい」という話を知っていました。サンミュージック社が来て、説明していった、と。

「不倫」じゃない?

聞くと、ベッキーは12月の頭から熱心に口説かれ、その時に大きく分けて、2つのことを説明された、というのです。

「奥さんとは完全に別居状態」
「奥さんの方から家を出て行っており、年内には離婚届を提出すればいいだけの状態」

あれ?これって…私は昔、朝の情報番組で自分で行ったスタジオプレゼンを思い出しました。確か…最高裁判断があったような…。

再び、弁護士さんに連絡を取りました。今までの取材経緯を話し、意見を求めました。

「う~~~~ん…」

少し考え込んだ後、弁護士さんが言いました。

「それは、ベッキー、不貞行為には認定されなさそうかなぁ…」

やっぱり!

最高裁判所平成8年3月26日判決。

「完全に夫婦関係が終わってる」と認められる場合、そのどちらかと男女の仲になっても「不貞行為(=不倫)」と認定されない。


もちろん、ベッキーさんは、何の努力もせずに何の確認もせずに疑わなかったら、結局は不倫だ、と認められる可能性が高いそうです。しかし、ベッキーさんは彼の結婚期間も知らされず、まさか新婚とは夢にも考えていなかったというのです。

弁護士さんはこう解説します。

「彼女、長崎の川谷君の実家にまで連れていかれてるでしょ?これ、普通、信じちゃうよね」

そうです。

ゲスの川谷君は、ベッキーさんをお正月に長崎の実家に連れて行っているのです。そして、ご両親に合わせているのです。

川谷君に近しい関係者に話を聞くと、川谷君はご両親にこう説明しています。

「結婚届は提出したけれど、色々あってもう離婚する」

ベッキーさんが実家に行ってそれを聞いた以上、普通は「信じるに値すると想定できる」と。つまり法律上、ベッキーさんは

「あくまで騙された被害者」

という立場であり、仮に奥さんなどが訴えを起こしたところで、慰謝料を取るところまでは難しいのではないか?という見解でした。

誤解のままだとかわいそうだ

さらに、私は普段から親しく付き合わせていただいている弁護士さん2名に、同様の説明をし、見解を求めたところ、3者とも同じ見解でした。

通常のウソじゃないんです。「わざわざ長崎の実家にまで連れていかれ信じ込まされている」以上、ベッキーさんに落ち度があるとも言い切れないのです。
ここまで取材して、あの日の…最初のベッキーさんの謝罪会見の意味がとても分かってきました。

「お友達であることは間違いありません」

また別の関係者に聞くと、ベッキーさんは「卒論が提出されるまでは『友達』だからね」と念を押していたそうです。

ベッキーさんの中では、川谷君の夫婦関係は完全に終わっており、しかも、別居中で奥さんが川谷君を捨てた存在。

奥さんへの謝罪がない、なんて叩かれまくっていますが、ここまで取材した段階で、

「謝罪なんてなくて当たり前」

であることが分かってきました。だって、夫婦関係は完全に終わっている、と説明されているのですから。また、例のラインも意味が分かってきます。

「それに不倫じゃありません!」
「略奪でもありません!」

私は、今までの取材内容が本物であると…これは勘なのですが、確信しました。でも、まだ確定ではありません。川谷君サイドも取材する必要があります。

川谷君の周辺を取材する

川谷君の周辺は思ったよりも取材は簡単でした。

川谷君は結構みんなから怒られており、ある音楽関係者に取材をすると、こちらが聞いていないことも親切に教えてくれました。

現在、サイバー警察に被害届を出すところであること。それだけでは不安なのでサイバー探偵にも依頼しようと考えているところ。

そして何より、今までの取材分を充てなければいけません。私はその方に今までの各局を回って聞いたいろんな「言葉」の裏取りをしようと川谷君本人に充ててもらいました。

結果、上記した表現は、全て「事実」であり、川谷君本人がベッキーさんに言った言葉であることが確認を取ることができました。

ベッキーさんは、だまされていたのでした。しかも、長崎の実家にまで連れていかれ、信じ込まされて。しかし、その方が話してくれた、以下の話は、さらに衝撃でした。

「なんか、ラインの流出経路、完全に奥さんの頼んだ探偵らしいぞ?」

その方は川谷君サイドの見解を述べているだけでした。しかし、その理由は説得力のあるものでした。単純に言うと

「絶対に知られるはずのない事実が漏れている」事です。

まず、二人は長崎の実家で文春さんの直撃を受けているのですが、川谷君は「長崎に行くこと」自体を周囲の誰にも話していなかったのだそうです。それなのに、ホテルから出てきたところを直撃されたのです。二人は怖かったそうです。「なぜ、ここにいるのか」と。

しかし、程なくして、下記の記事が出てその理由が分かります。

■ベッキー ゲス極・川谷の妻がすがった探偵“浮気調査1カ月” (女性自身)


なんとな~くですが、尾行されているような気になったこともあったそうです。そして、その思いは確信に変わります。文春さんのスクープ、第4弾です。

文春さんの記事の第4弾の中に、実は川谷君とベッキーさんが交わした会話が掲載されているのですが、その内容が…

完全に正しい内容

だったそうです。要は、後ろの席などにいて、音声レコーダーを回しておいたのでしょう。それを聞いて、私も色々と思い出すことがありました。

文春さんのみならず、週刊誌の皆さんは、戸籍などを取り出すためや尾行のために、探偵事務所と協力することは多々あるのです。文春さんも、少なくとも数社の探偵社と協力しているという噂は、この業界であれば誰でも知ってる話です。

ラインの画面の抜出は、浮気調査の代表的な技術。

多くの方は今回のケースで知ったと思うのですが、クローンiPhoneは実はかなり簡単な手口で作れます。探偵社がバックについていれば、その知識を奥さんに教えることは容易です。一度、クローンiPhoneを作れば、二人の行動ややり取りは筒抜けです。

そうです。なぜ、川谷君サイドがそう考えているかというと…長崎に行くことをベッキーさんが決めたのは…長崎行きの「前日」だからです。そんな行動、絶対に「常時監視」していなければ、不可能なのです。

ここから数行は私のあくまで想像と考えてください。

恐らく、奥さんの依頼した探偵社、文春さんとつながりのある探偵社だったのではないでしょうか?で、クリスマスイブのお泊りをした際などに二人で写真も撮っていますし、その辺りで文春さんと、探偵社さんと、もちろん奥さんの情報共有は、なされているのではないか、と私は考えています。

文春さんは色々と説得をして、ラインのキャプチャー画面を文春さんに流すことを了承。文春さんは「奥さんが情報源とは絶対にばらさない!最悪、探偵社からタレこみがあったとでも言えばいい」とでも説得したとか…?

まぁ、私の想像はとにかく省略しましょう。私が「奥さんが情報源でしょう」と強く確信しているのは、上記した取材内容から、現実問題として、

1、奥さんが流した
2、探偵社が流した
3、日本全国の(長崎含む)すべてのホテルの入り口に文春の記者が常駐している

以外の可能性が考えにくいためです。で「2」に関しては一般論としてあり得ません。探偵社の調査報告内容は「絶対の秘匿義務」が存在し、それに違反すると「探偵業法(10条1項)」という法律に違反することになり、もはや廃業しかなくなるからです。そんなことをする探偵社には今まであったことはありません。

もちろん「3」は論外です。以上の理由から、私は情報源の流出経路は「奥さん以外は考えにくい」と書かせていただきました。

実は、今は川谷君、ほとんど毎日のように奥さんと話をしているそうです。奥さんは

「あのラインは私じゃない。信じて」
「あのインタビューもほとんど話した内容と違う」

と訴えてらっしゃるようです。川谷君は全く信じていないそうですが…。

少しだけ言いたいこと

私は、別にベッキーさんのお友達ではないし、川谷君を守る義理もない。川谷君の奥さんも、夫婦の問題については、絶対に二人にしか分からないと思うので、同情する気もありません。一般論からするとかわいそうですが、これは二人にしか分からない範囲もあるはずです。


ですが、2つだけ言いたい。

サンミュージックさん。

なぜ、ちゃんと説明しないのです?ベッキーさんが「会見をしたい」といっても「せめて直筆のメッセージを出したい」と主張しても、「お前をさらし者にしてあげたくない」と言って、延々かばっていると聞いています。会見もメッセージもあまりにも土壇場でひっくり返されましたね?気持ちが分からないとは言いません。娘のように思っているのだと思います。

でも、ちゃんと説明すれば、私は、絶対にわかってもらえる範囲だと思う。バカな男に騙される。そんな経験、誰にでもあると思う。誠実に説明することは、ファンや応援してくれた皆さんへの感謝だと思います。

そして、文春さん。

文春さん、相変わらずというか、さすがと言うか…お見事の一言です。

しかし、文春さんは私にとって、本当に大恩ある存在ですが…やはり「プライベートのライン画面をさらし者にする」行為は…ちょっと…やめた方がいいと思う。

本当に感謝していますし、最近のスクープ連発、超カッコいいです!でも、さすがにレギュラー番組11本とCM10社が打ち切りになってしまうほどのダメージです。もうベッキーちゃんのこともここらで許してやってもらえないでしょうか?別に親しいわけじゃないけれど…同じテレビに出ている人間として…さすがに見ていて可哀想なのです。

最後に、多くのメディアの皆さん。

私が確認した限り、いくつかの誤報があります。

「ベッキー、体調不良で激やせ」報道→サンミュージックも否定しています。これは誤報だそうです。今週のFRIDAYでも、ベッキーさんのお母さんが打ち明けています。体調面はそこまでひどくはないそうです。

・「ベッキーがまだ未練タラタラだそうだ」報道→ベッキーさんの周囲にも、ベッキーさんの担当しているテレビ関係者も、また、川谷君サイドにも確認しました。

この二人は文春のはや刷りを見てすぐにラインも削除し、1月12日あたりをもって完全に連絡もたっています。ベッキーさんは今はもう、周囲への反省の毎日で、全く彼への未練はないそうです。この報道は誤報のようです。

なので「報道が出た後も開き直って連絡を取り合っている」というのは完全に誤報です。

以上が、私のこの3週間ほどの取材内容となります。内容を信じるかどうかは皆さんの判断にお任せしますが、取材相手の概要も出来る限り放出したつもりです。

来週以降は、いつもの「本気論・本音論」に戻ります。長文にお付き合いくださいまして、ありがとうございました!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス