イギリスで、とても胸の痛むお墓トラブルが起きました。
ジョーさん(42歳)は、3年前に最愛の息子に先立たれてしまいました。マックス君は生まれながらに重度のてんかんを持っており、合併症を引き起こした後たった4歳という幼さでこの世を去ったのです。

シングルマザーであるジョーさんには他に2人の子供がおり、パートタイムの仕事で生計を立てながらコツコツ貯金をしていたそうです。それはマックス君のお墓を建てる為でした。
小さな体で病魔と闘い抜き、まだ4歳という若さで旅立った息子の為に、敬意を持ってマックス君に相応しい立派なお墓を建てたかったのです。

そして3年が経ち、マックス君が生きていれば7歳の誕生日に漸く立派なお墓建てることが出来ました。

テディベアが大きな星を抱いているとっても可愛らしく素敵な墓石です。日本円にしておよそ50万円程したそうです。
マックス君はテディベアが好きだったのでしょうか。いくつものテディベアが供えられていますね。

素晴らしい7歳の誕生日プレゼント☆になった…はずでした。この墓石が設置されて3日後、なんと撤去されてしまったのです!しかも無断でです。ジョーさんは驚き、開いた口がふさがりません。怒り、悲しみ…なぜ??色んな感情がジョーさんを襲いました。どうしてこんなことになったのでしょう。

その霊園を管理する自治体が他の家族からのクレームを受け、ジョーさんへの連絡なしに無断で撤去してしまったのです。ジョーさんにこのことを知らせたのは墓石業者でした。
もちろんジョーさんは怒り心頭。なぜ撤去されなければならなかったのか、なぜ連絡がなかったのか、なぜ事後報告なのか、その事後報告もなぜ自治体ではなく業者からなのか…

ジョーさんは責任者に墓石を返すように訴えるも拒否されてしまいます。なぜなら、その霊園には規定の墓石の形があるからだといいます。ジョーさんはルールを破って建てたので、撤去されて当然だというのです。
もちろんジョーさんには規則を破ったという感覚はありませんでした。知らなかったのです。建てる時も誰からも何も言われなかったのです。規定の形があることを知ったジョーさんは“それは他の家族からすれば目障りだったのかもしれません。しかしそれが無断で撤去していいことにはなりません”と訴えます。

現在マックス君が葬られた場所には墓石がなく、このようになっています。
自治体の責任者は『期限内に墓石の申し込みがあれば対処できた。墓石業者から事前に許可申請があれば、そもそも建てる前に断ることができたんだ。撤去する必要さえなかった』と言います。そして『墓の形が問題ではないんだ。この家族にはこうで、あの家族にはこうでという風になぜ我々が個々に対応しなければならないのかということが問題だ』と言います。

言いたいことはわかるのですが…対応が酷すぎませんか。
ちなみにこの霊園、大人用と子供用に場所がわかれており、大人用にだけ墓石のルールがあるんだとか。マックス君のお墓は大人用に建てられていたのです。それはジョーさんが、幼いマックス君が寂しくないようにと他の親族が眠るそばに置いてやりたいという想いからでした。自治体責任者によれば、子供用の場所に建てていればあの星型の墓石でも大丈夫だったのに…ということです。

ジョーさんは墓石を返してもらうまで闘う姿勢だそうで、この出来事がメディアに取り上げられて以降たくさんの署名が集まっているということです。現在はまだ返還されずに墓石がない状態だそうです。

お墓のトラブル

Licensed by gettyimages ®

実はお墓のトラブルは日本でも少なくないようです。お墓を巡って親族内でのトラブルや、お寺とのトラブル、今回のような霊園とのトラブルもあるそうです。

“墓地によっては墓石の大きさや、或いは墓石を購入したり施工したりする石材店が指定されており、その業者以外は利用を禁止されてたりします。そのため安く墓地が購入出来たと思っていたら、そちらで高く付くという問題が発生したりします。
しかもそんな規定を無視して、大きな墓石や別の石材店を利用したりすると、墓地の使用を認められなかったり、返還を要求されるケースに発展する可能性があります”

出典 http://boseki-info.jp

近年日本では墓石の形が多様化していますよね。以前は縦型がほとんどで霊園へ参ると“日本の墓場”という感じがしましたが、最近では西洋風の横型も増えており、形も色も多種多様です。そんな中でやはり、わたしたちもお墓を購入する際は必ず事前に使用規定などを確認する必要がありますね。

マックス君の墓石については、ルールはルールなので返還してもらえそうにない気がしますが、霊園側にも落ち度がないとは言い切れないので納得のいく対応が期待されますね。この件に関してはイギリス、アメリカ、オーストラリアなど様々な国からのコメントが寄せられていますが、そのほとんどが自治体に対する批判でした。わたし個人では、ルールがあるので難しい問題だとは思いますが、息子を亡くした母親の気持ちを想うと一刻も早く墓石を返還して、最善策を提示して欲しいと思います。
みなさんはどう思われましたか?

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス