北海道で行われる冬の祭りと言えば札幌雪祭りが有名です。

しかし、北海道は広くそれぞれの地域ではその土地独特の冬まつりが行われていることは北海道から遠く離れれば離れるほどあまり知られていないのでは?

そんな中の一つに「層雲峡温泉 氷瀑まつり(そううんきょうおんせん ひょうばくまつり)」があります。

氷の中に無数に散りばめられた賽銭は神秘的で幻想な世界観をつくりだし、見る者の心を厳かな気分にさせてくれます。

出典 https://twitter.com

氷の中にお賽銭が神秘的な気持ちにさせます。

出典 https://twitter.com

お賽銭でできた氷のオブジェです。

出典 https://twitter.com

お参りした人が願いを込めたお賽銭もあるのでしょうか、無数に置かれています。

出典 https://twitter.com

上から落ちそうな小銭も、そこにはお金の神さまがいるような光景が広がっています。

「氷爆神社」と言われるようです。
お賽銭を入れ幸せを祈願する。多くの飾られた小銭たちを見ると金運が良くなりそうな気がしてきますね。

出典 http://guide.travel.co.jp

毎年、氷のでき方などでデザインが変わるようです。
今年の氷瀑神社は今年だけしか見られないというわけですね。

出典 https://twitter.com

まるでハマり込んでしまった氷の迷宮です。
大きな氷の柱が水晶のような輝きのようです。

出典 https://twitter.com

まるで迷路のような感じです。もっと奥に、冒険してみたくなります。

出典 https://twitter.com

地下深くを冒険するかのようです。

夜も神秘

石狩川河川敷で開催される氷瀑は氷点下の中、水を吹きかけて何日もかけて作られているそうです。
(ちなみに写真は去年一昨年のものも含まれています、毎年デザインが変わります。)

LEDに彩られた鮮やかなイルミネーションは昼とは全く違う幻想的な風景に変わります。

薄いガスが立ち込めたイルミネーションはより一層幻想感を高めています。

氷と雪の違いはその透明度の違いでしょう、内側から照らし出される光で雪まつりでは味わえない風景に変化します。

出典 https://twitter.com

氷の建物がいかに大きいか人の大きさでよくわかります。

出典 https://twitter.com

流れ落ちた水によって固まった氷の宮殿と言った感じです。

出典 https://twitter.com

赤、青、黄色のイルミネーションが見事です。

花火

出典 https://twitter.com

週末には花火も上がります。
氷のイルミネーションと重なって他では味わえない光の祭典になりそうですね。

出典 YouTube

2016年1月23日~3月27日まで行われる氷の祭典 上川町層雲峡温泉

層雲峡温泉の見どころは氷瀑まつりだけではなく、凍てつく寒さの氷と見渡すかぎりの雪の世界に湯量豊富な温泉と共同浴場もある温泉街の湯けむり。そして楽しませてくれるスキー場でしょう。

昼間はスキーで遊び、夜は氷の神社に参拝し金運と幸せを願う。
後ゆっくり温泉につかりその日の疲れを癒す。

氷瀑まつり3月下旬ぐらいまでやるようですので、是非皆さんも1度は行ってみたらいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス