あのマライア・キャリーを抑え、全米1位を記録した話題のアカペラグループ「Pentatonix(ペンタトニックス)」。Daft Punkのヒット曲メドレーをアカペラでカバーした動画はYouTubeで7000万回を超える再生回数を記録し、日本でも数多くのメディアに取り上げられました。

Daft Punk - Pentatonix

出典 YouTube

そんな彼らが、世界中で大ブームを巻き起こしているPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)の「Happy」をアカペラカバーしている動画が公開されていたので紹介します。(ヒューマンビートボクサーを含むグループとしては)一般的なメンバー構成より1名少ない彼らですが、そんなことを感じさせないGroovyでカッコイイ仕上がりになっています。

Happy - Pentatonix (Pharrell Cover)

出典 YouTube

特筆すべきは、彼らのグルーヴを支えるリズムセクションの2名(前列向かって左がベースのAvi Kaplan、その隣にいるのがビートビクサーのKevin Olusola)

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス