昨年2015年連載開始65周年を迎えた
【ピーナッツ】


昨年10月2日にオープンした「PEANUTS Cafe」が話題になりましたよね。

そして!ファン待望の
【スヌーピーミュージアム】が
今年4月23日にオープンします!

オープン記念展の詳細が決まりました!

展覧会のみどころは?

最大の見どころは、シュルツ氏の奥様、ジーン・シュルツさんが選んだ「愛しの」ピーナッツ原画60点です。バレンタインデーにシュルツ氏から贈られたという思い出の原画や、夫婦のかけあいから生まれ定番シリーズとなった「私のバブーちゃん」など、ジーンさんのみが知る数々の秘話が、初めて明かされます。また、今回特別展示として、日米の文化人たちが、それぞれの「愛しのピーナッツ」を披露します。コミックからアニメーション、音楽、グッズへと広がるピーナッツの魅力や個人的な愛着を、展示や映像を通じて訪れる人と分かち合います。

出典 http://www.snoopymuseum.tokyo

ミュージアムショップの詳細は?

「BROWN'S STORE」には、世界中でここにしかないオリジナルの品ばかり。図録、ステーショナリー、雑貨、ホームウェアにファッション、食品にいたるまで、すべてスヌーピーミュージアムのための特別編集。定番アイテムの他にも、展覧会に出品された原画をデザインしたものや、注目ブランドとコラボレートしたものが限定アイテムとして登場します。テンションが上がること間違いなしの「BROWN'S STORE」で、自分へのご褒美や、誰かへの贈り物を見つけてください。

出典 http://www.snoopymuseum.tokyo

世界中でここでしか買えないオリジナル商品ってすごいですね!
おみやげに頂いたら嬉しいものばかりな予感しますね!

「Cafe Blanket」。その名はもちろんライナスの安心毛布から。水色の大きなテーブルを真ん中に、外へ外へとオープンデッキが広がります。ここは昨年10月、目黒川沿いにオープンした「PEANUTS Cafe」によるプロデュース。ドリンクもフードもデザートも、西海岸テイストたっぷりのメニューをご用意。ちょっとだけ大人びていて、温もりとやさしさに包まれる、ブランケットみたいな居心地のいい空間。いちばんのおすすめは、晴れた日のテラス席です。

出典 http://www.snoopymuseum.tokyo

テラス席もあるなんて!うれしいですね!
西海岸テイストのメニューってどんなものなんだろう?ワクワクです!

まとめ

六本木駅から歩くことわずか6~7分で、都会の喧騒から離れた別世界へ。
この春は【スヌーピーミュージアム】でみんなでわいわい楽しみましょう!

<アクセス>
スヌーピーミュージアム東京都港区六本木5-6 鳥居坂東京メトロ六本木駅より徒歩7分麻布十番駅より徒歩10分10:00~20:00(入場は19:30まで)会期中無休

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス