2016年2月4日、Twitterユーザーの「のら 今年こそ頑張る」さん(@ForPugy)が、ローソン店員の不正を告発する内容のツイートをして話題になっています。

富山県の砺波市にあるローソン砺波大辻店で買い物をしたそうなのですが…

これは…。

どうやら、pontaカードを持っていない「のら 今年こそ頑張る」さんの会計時に、店員自身のものと思われるカードを通して、ポイントを不正に貯めている可能性があるようです。

怪しんだ「のら 今年こそ頑張る」さんが、レシートを回収すると、そこには見たことのないポイント数が…。

出典 https://twitter.com

既にポイントがかなりの数(4,698P)貯まっているところを見ると、今までも同様の不正を行っていた可能性もありますね…。

これに対してTwitter上の反応は…

犯罪ですよね…。

ですよね…。

たしかに分かっちゃいますね。

もしかしたら、色んなところで普段から行われている可能性もありますね…。

こんなパターンもあるんですね…。

そうなんですね…。

そんな説明があるんですね。

問い合わせしちゃった人まで…。

こんな反応も…

砺波市の知名度…

砺波市(となみし)ですよー!

地元の方ですね。

まさかの近所。

地元の人が多く反応してますね…。

意外と多くの地元の方が見ているのがちょっとツボでしたが、それにしてもこれは結構な問題ですよね。

ネット上では、昔も一時期このようなケースが横行していたなんてコメントもありましたが、今では同じカードを短時間で複数回通すと通知が行くという話もあるので、どうやってこのパターンが成立しているのか気になるところではありますね。

この件に関してローソン側からの回答などはネット上では見つからなかったので、事実関係は分からず、なんとも言えないですが、とりあえず進捗を待ってみたいと思います。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス